なぜ収支を把握する必要があるのか?

Pocket

【家計簿は計画的にライフプランを構成する上で必要不可欠な存在。】

家計管理は、自分の収入と支出を把握するところから始まります。

毎月の収支がプラスマイナス0円で良いのであれば、生活費と貯金を1つの口座にまとめて、月末に減っていなければOKで良いので簡単です。

家計簿を付ける必要はありません。

ですが

節約や貯金、資産運用などの他に、ローンの返済、貯蓄計画などのライフプランを考える際には家計のデータが必要になってきます。

その月々のデータを書き溜める為に家計簿が必要なのです。

家計簿を付けた上で、銀行口座で振り分けて財産管理、支出面を封筒で小分けして見える化などの自分で続けやすい管理の方法を行っていきます。

また、「家計簿」の付け方としては、市販の家計簿にスマホアプリ、大学ノートで自作の家計簿、PCでなど色々ある様ですが、正直何でもかまいません。

全部やってみないとどれが自分に合うのか分からないかもしれませんが、とりあえず何でも良いのであれば市販の家計簿から始める事をお勧めします。

私自身、市販の家計簿で慣れていてこの方法が1番好きなので、このブログではスマホアプリや大学ノートなどでの家計簿の付け方ではなく、市販の「家計簿」を利用する事を前提に話を進めていきます。

どの方法が良い悪いと言うのは関係なく、どんな方法であれ「家計を管理出来る様になる事」を1番の目的としているので、「自分が続けていけそうな家計管理の方法」を見つける参考にして頂ければと思います。

【「家計管理=家計の収支の把握」をするとは?】

「家計の収支を把握する」と言うのは、給料日前になって「なんで今月こんなにお金がないんだろう?」とならない様にすると言うことです。

お金が無いのは「何か」に使ったからで、漠然と「来月は節約しよう」と思ったとしても

お金を使い過ぎた「何か」が分からないのであれば節約しようにも「何をどれ位節約(経費削減)すれば良いのか分からない」のです。

ですので、また同じ「何か」に使い込むことになるでしょう。

節約しても別の部分で無駄にお金を使ってしまうのであれば、節約も大して結果が出ずに長続きしなくなります。

そういう訳で、大体で良いので「いくら入って、何にどれ位使ったか」を把握する(パッと見て一目で大体分かる様にする)為に家計簿をつけます。

例えば、毎月「被服代」に10万円使って生活がギリギリな人が、節約しなきゃと言って「食費」を削っていたらそれはもう、ただの「服が好きな人」です。「お金を貯めたい人」ではありません。

お金を使いすぎた原因を見つけて、それを節約(または見直し)するから効果が出るのです。

財務管理が出来ていない会社が発展出来ないのと同じ様に家計管理をせずに資産を増やす事は難しいです。(使っても余るほど収入があるなら別です)

本当に当たり前ですが収入以上にお金を使うから(ローンやリボ払い)、毎月赤字、家計が火の車になります。

単純でしょう?

家計管理と言っても大して難しいことではありません。

毎日1円単位まで細かく記入なんてしません。

簡単なのに家計簿を避ける理由は「ただ何となく面倒くさそう」だからだと思います。

正直、対策があるなら、家計管理を覚えなくても良いと思います。

投げ捨てではなく、本当に長年どんぶり勘定でもちゃんとしっかり蓄える事が出来ている方も実際いますので。

(私の母親の話で、超どんぶり勘定なんですけど、息子3人分の学資保険と個人年金で老後の心配皆無でした。)

しかし、それでもきちんと管理して計画通りに蓄え、運用すれば、その2倍、3倍には殖えていたと思います。

頑張って得た収入を無駄に使いたくないなら、お金の管理を学ぶことです。

次回からは家計簿の付け方について説明します。

お勧め記事:【貧困生活 絶対脱出宣言!我が家】

お勧め記事2:注目!!【共働きウチの家計分担事情】

関連記事

  1. 【今こそ資産運用の種銭づくりを始めよう】
  2. 【ポイントや特典を3重取りする方法】
  3. 【クレジットカードで破産する人・しない人】
  4. 家計簿の周期と区切りのタイミングはいつ?
  5. 家計管理が苦手と言っていられない

女性ならメールのやりとりだけでお金稼げてしまうって羨ましいです↓↓↓↓

スマホで稼ぐ「VI-VO(ビーボ)」



↑↑↑↑出産祝いにもピッタリ♪↑↑↑↑
赤ちゃんのプレイスペースにピッタリな直径1mのまんまる座布団