家計簿の付け方1(始めと終わり+食費管理)

【家計簿の基本】

家計簿の基本となるつけ方としては、「その月の収入と支出」を記入して、月末に「残高確認」をして、「1か月間の収支バランス」を知る事です。

また、全財産を把握する事にもなるので資産の全体を把握していると、お金に関わる選択肢を選ぶ際に冷静に判断出来ます。(資金面で余裕があるか無いか、支払いが可能かどうか、無理な買い物になっていないか)

【さっそく家計簿に記入してみよう!】

では、家計簿の付け方を説明していきます。

まず、初めに記入するのは、お給料の金額です。

そして、家賃やローン、NHK受信料、生命保険料などの定額で毎月支払う項目の金額(固定費)を記入します。

次に、光熱費やインターネット代、電話代などの変動するけど毎月支払う項目の、支払う金額を記入します。

クレジットカード払いにしていると事前にその月の支払い金額が分かります

その後は、少なくともクレジットカードの支払日や給料日の前日に全財産を計算するだけです。

収入の入る給料日前日に全財産を計算するので、正真正銘の全財産」が分かります。

そして、「1ヶ月前の全財産」の差額を計算すれば正確1か月間の増減金額が分かりますよね

「これで家計簿の付け方の説明を終わります!!!」

と言って良い程、家計簿を付けると言うのはこれくらい単純なものです。

本当に最初の項目を記入したら、月に数回と給料日前日(締め日)の夜に全財産を計算する程度しかしません。

先述した家計簿の付け方は「最初と途中と最後」に記入したり計算するだけでした。

1か月間でどれだけお金が入って残ったか」を知る事が目的であり1番重要なんです。

簡単だし単純なので誰でも出来ます。

ですが、「どれだけ家計の内容を細かく知りたいか」で家計簿の複雑さが変わって来ます。

貯金や節約をしたい、何にどれだけお金を使っているのか知りたい。でも「何をどれくらいの事まで記入していけば良いか分からない」から「とりあえず全部書く」と言う風になっていき、面倒くさくなって挫折するんですね。

やる気の出てる最初は良いけど絶対に続きません。

多くの方が家計簿を挫折する部分はそこです。家計簿を長続きさせるコツは「大雑把に書く事」です。

なるべく、家計簿には最低限の事しか書かずに家計を把握するのがポイントですね。

それが、「支出を封筒に小分けする」とか「食費は1週間に金額を決めてまとめ買いをする」とか皆さん独自でやっている「家計管理」と言うやつです。

私も自分なりに長続き出来る方法を行っています。

では、家計管理の方法を交えながら引き続き家計簿の付け方を説明していきます。

【毎日食費を1円単位まで書く必要は全くない】

家計簿をつけはじめたら、張り切って毎日食費を記入する方がいますが、そんなの全くする必要はありません。

たまに「書く事が好き」と言う方がいるので、それは勿論止めませんが。

お勧めの食費管理としては「食費は月に3万円とか設定金額を決めてその中で済ませる」それだけです。

そうする事で、家計簿に書き込む必要が無くなります。

100円ショップの大きめの財布や、使い古しの財布を「食費専用」として用意して残高を把握していれば問題ありません。ここの部分で、人によっては「1週間分の食費を封筒に小分け」とか独自の管理し続けやすい方法を行っているんですね。

ですので、買い物をする度に家計簿に1円単位まで記入する必要など全くないんです。

特に食費を家計簿に書きとめるのは、どこまで管理したいかによるんですが、

たとえば、ゴボウの金額が○○スーパーでは 1本108

▲▲ストアでは  198円、◇◇ショップでは 1103円 だったとか

「今月 カレーを何回作った」 とか

「うちでは毎月鶏肉を平均〇〇g消費しているんだな」 とか

一つ一つに対して「調査(データ収集など)」をしたいのであれば、1円単位まで書けば良いと思います。

ですが、基本的に「1週間で、半月で、1ヶ月で食費にいくらくらい掛かったか」、または「今月分の食費は後いくら位残っているのか?」さえ分かれば良いのです。

要は、食費は毎月の設定金額に収まれば良いんです。その設定金額の範囲内で贅沢をしたり、節約をしたりすれば食費管理がとっても楽に行えます。そして、本当に食費の部分で節約をしたいのであれば「月々の食費の設定金額」を下げればいいんです。

毎日、20%引き、30%引きの商品を見つけては節約になってると思っていても、全体的に買い過ぎていれば節約になっていない場合もあります。

また、食費を封筒に小分けする人は、食費分として避けたお金を封筒に小分けにしないと使ってしまうからだと思います。物は違えど、やってる事は同じです。

因みに妻のやり方は、イオンカードに1か月分のワオンをチャージして、残高の管理をしながら収まる様に支払っています。ワオンポイントも「イオン優待カード」によるキャッシュバックもゲットしながら、最善を尽くしていますよ。

これについては追々説明しますね。

家計簿を長く続けるコツは、「大雑把に書く」事です。

今回のブログのまとめ

  1. 家計簿は基本的には、最初に決まった項目を記入したら、クレジット引落し日と、給料日前夜(締め日)に全財産を計算するだけで良い。
  2. 食費は設定金額を決めて、その中でやりくりすれば管理が簡単だし、家計簿に記入する必要がなくなる。
  3. 食費を節約したい場合は「設定金額」を下げる。

次回は「お金を振り分ける際の考え方」を説明します。

関連記事





赤ちゃんのお肌を乾燥から守る!無添加ベビーソープ

《Dolci Bolle》販売中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。