【生命保険金額と命の価値は同じ??】

【生命保険の保険金額と命の価値は同じですか?】

ごくたまに生命保険の保険金額と、自分の命の価値が同じだと思っている方がいます。
皆さんはどう思いますか?

では、
500万円の生命保険に入っていたら、その方の命は500万円の価値なのでしょうか?
1000万円、3000万円の生命保険に入ったら、命の価値が3000万円になるのでしょうか?
そもそも生命保険に入っていなければ、その方の命の価値は0円と言う事ですか?

違いますよね。

生命保険の保険金額とは何を意味するのかと言うと「あなたが死んだ際に、残された遺族が必要とする金額」です。
そこをしっかりと理解して、勘違いをしてはいけません。

それでは、家族構成などいくつかのパターンで考えてみましょう。

例えば、「親は現役で働いており、自分は自立して独身の場合」
仮に自分が先に死んで、生命保険を親が受け取ったところで親はお金に困っている訳ではないので必要ないですよね。
その金額が3000万円と大金だったとしたら、何の為の生命保険なの?と思われます。
ですので、独身の方が生命保険に入る必要はほとんどありません。
せめて自分の「葬儀代」として100万円程の生命保険で十分だと思います。
もし、両親がお金に困っているのであれば少し話は変わってくるかと思いますが、そこは生前の内に仕送りなどの援助をしてあげて下さい。

次に「既婚者で共働き、なおかつ妻も自立可能な稼ぎがある場合」
もし突然自分が死んでも妻はしっかりとした稼ぎがあるのであれば、いきなり喰いっぱぐれる事はないですよね。
ですので、この際も保険金はせめて「葬儀代」を考えて300万円程度で十分だと思います。
高い生命保険に加入する必要はありません。

では、「既婚者で、妻が専業主婦の場合」は
自分が死んだら、世帯収入が0円になってしまう様であれば、500万円~1000万円程度の保険金があれば安心と思います。
小さいお子さんが居る場合は1000万円以上あった方が良いかも知れませんね。


この様に、独身か既婚者か、子どもの有無などの扶養者の人数などで生命保険の金額は全く変わってきます。
仮に3000万円の生命保険と言うと妻が専業主婦で小さいお子さんが3人以上いるような家庭の場合ではないでしょうか。

生命保険の月々の支払い保険料は大抵「掛け捨て」では無く「積立」なので、大なり小なりいずれ支払った保険料は戻ってきます。
積立てた保険料を保険会社が運用して金額を増やし、将来支払った額よりも少し多い金額で戻してくれるので資産運用にもなるんですね。
ですので、月々の支払いで生活が困窮していないのであれば何も問題はありません。
逆に、必要以上の生命保険に加入していて月々の保険料の支払いで生活が窮屈になっているのであれば見直した方が良いでしょう。

その他、会社員で社会保険に加入しているならば、死亡した場合には残された遺族には条件にもよりますが「遺族年金」が出ますのでいきなり生活に困ることはないと思いますよ。

と、言う訳で生命保険に加入する場合には、いくらあれば遺族が安心出来るかを考えて決めて加入する様にしてください。

くれぐれも、生命保険の保険金額が命の価値だと勘違いしない様に気をつけましょう。

因みに我が家は、共働きで子どもがいないので
私の生命保険の月々の保険料は1500円程度で、死亡保障は100万円です。
残した遺族に金銭面で迷惑はかけれないので、葬儀代程度は保険で下りる様にして、近所の公民館で家族葬で構いません。

関連記事

  1. 【今こそ資産運用の種銭づくりを始めよう】
  2. 【ポイントや特典を3重取りする方法】
  3. 【クレジットカードで破産する人・しない人】
  4. 【奨学金の苦労は、準備段階で決まる】
  5.  家計管理が苦手と言っていられない




モッピー!お金がたまるポイントサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。