家計管理のコツ【年間収支スケジュール】

Pocket

【年間収支スケジュールとは?】

ボーナスや燃料手当て、保険料などの年払いの支払い月、誕生日やクリスマスなど1年間を通してみると、臨時の収入と支出のある月がある程度事前に分かるものです。

それを表にまとめたものが「年間収支スケジュール」です。

「何月に何の支払いがある」とか「どんな臨時収入がある」など、すべて頭で把握するのも良いのですが、書いて目で見える様にした方が意識できて管理もしやすいです。

特に、事前に出費がかさむ月が分かっていると準備が出来るというものです。

正直大したものではないのですが、私は貯蓄計画や目的別積立をする際の資料として作成しています。

参照:【すぐ始めれる目的別貯金と積立の方法】

私はプリントアウトしたものを家計簿にも貼り付け、今月、来月は何があるかを確認しています。

私の理想としましては「毎月臨時収入がある」事なんですが、例えば私の年間の臨時収入スケジュールでは

  • 月 お年玉(祖母が親世代まで配ってます)
  • 月 国税還付金
  • 4月 自分の誕生日
  • 5月 貯金箱の開放(2年に1度)
  • 月 夏のボーナス
  • 10月 燃料手当て
  • 12月 冬のボーナス・雑収入と配当金の決算

その他に毎月 資産運用の配当金 と、隔月 投資信託の分配金

という様に毎月臨時収入などのイベントを作っていく事で、貯金を楽しむ工夫をしています。

資産運用の配当金が出来てからは「毎月臨時収入」の理想が叶いました。

逆に年間の支出面でのスケジュール(2018年度)は

  • 月 お年玉(甥・姪名)
  • 月 生命保険・火災保険(年払い月)
  • 月 祖母の誕生日・祖父の法事・雑誌の定期購買(年払い月)
  • 月 NHK受信料(年払い月)
  • 月 母の誕生日
  • 10月 妻の誕生日
  • 12月 結婚記念日・クリスマス・父の誕生日

などですね。

誕生日には誕生日会やプレゼントなどを買います。

この様な方法でも、お金を管理する事が出来ると思います。

お金のコントロールは慣れれば簡単ですし、何よりもお金の管理や貯金において「楽しむ工夫をする事」が大事です。

臨時収入があったら誰だって嬉しいですよね?

それが毎月お給料とは別に少額でも得る事が出来たとしたら、毎月3万円、5万円貯金する事も簡単に達成できる様になると思います。

逆に年払いの支払いが何月にあるのか分かっていれば、それに合わせて12当分に割った金額を毎月積立しておけば支払い月にまとまった金額が減る事も無くなります。

いかに精神面において、喜びを上げて負担を軽減するかが楽しく家計管理を継続していくポイントだと思います。

皆さんも是非「年間収支スケジュール」を作成してみては如何でしょうか?


お勧め記事:【貧困生活 絶対脱出宣言!我が家】

お勧め記事2:注目!!【共働きウチの家計分担事情】

関連記事

  1. 【家計管理が苦手だと言っていられない】
  2. 【なぜ収支を把握する必要があるのか?】
  3. 【クレジットカードで破産する人・しない人】
  4. 【自分の人生は自分しか変えられない】
  5. 【一生「ローン返済の為」に働いて下さい】
  6. 【複利運用】実質利回り5%から始めよう
  7. 【はじめての資産運用】





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。