家計管理のコツ【家計簿をつける】

Pocket

【家計簿の役割とは】

月々の支払いにおいて必要最低限の項目として、家賃や光熱費の他にも、食費、携帯代、定期代などがありますよね。

収入からそれら生活費分を避けてもまだ余裕がある様であれば、先取り貯金をしたり、保険に加入したり、PCを買ってインターネットを繫げたり、習い事を始めたりします。

それは言われなくても分かると思いますが、では、その毎月の収入から生活費を引いた分が年平均ではいくら位あるのか?

そう言った事を頭の中で大体把握するのではなく、記録して「見える化」するのが家計簿をつけるって事であり、そう言った情報から計画的に家計を見直す事が家計管理をするって事だと思います。

なので、家計簿も「ただ記録するだけ」では意味がなく、記録したデータを参考に「対策」や「計画」「目標」などを立てる為に使わないといけません。

【財布のヒモをきっちり絞める!】

お金を管理しないと財布から通帳からどんどん流れていきます。

貯める時はコツコツ少しづつなのに対して、お金を使う時は払える間は使える感覚で、あっという間にお小遣いも貯金も使い果たしてしまいます。

それだけ使うのは簡単で貯めるのは大変と言う事なんですね。

月々の家計管理や、年間の貯蓄計画、財産の把握、ローンの返済計画を立てたりして先取り貯金をした上で、自由に使えるお金をきちんと把握してそれらを有効的に活用する。

何度も口酸っぱく説明すると思いますが、家計管理の基本は「家計簿を付ける」から始まります。

毎日1円単位で書き込む必要なんて全くありません。

給料日に生活費分を避けて、先取り貯金をして、残ったお金で生活をするんです。

たまに全財産を計算して把握する事もとても大事です。

そして、毎月どれだけ貯金が出来て、年間どれだけ貯金が出来るのか、記録して計算したり計画を立てたりしていきます。

毎月貯金が貯まっていくと家計簿を付けるのも楽しくなってきますから、それ以外にも楽しむ工夫をすると良いですね。

水族館や動物園・映画館の半券チケットを貼ったり、旅行先のレシートなどを貼り付けたりする事で沢山思い出が詰まっていきますし。

初詣のおみくじを貼ったり、今年の目標なども書き綴ったりする事で家計簿には現在の自分自身が全て投影される様な一冊になるんですね。

少しでも家計簿に対して始めるきっかけになって貰えると嬉しいです。

貧困生活から抜け出す為に今一度お金についての勉強を始めませんか???

家計管理から資産形成出来る様にお互い頑張っていきましょう!!

資産運用・関連記事

  1. 子どもの貧困対策「きっかけづくり」
  2. 【資産運用】分配金額 公開(8月)
  3. 家計管理のコツ【財産管理の必要性】
  4. 家計管理のコツ【投資資本金の割合】
  5. 家計管理のコツ【1年単位で計算】
  6. 家計管理のコツ【年間収支スケジュール】







ブロトピ:ブログ更新しました

ブロトピ:ブログ更新!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。