【結婚したい】でも収入が低い・・・切実

Pocket

【結婚条件の変化】

現代のモテる男性の条件の一つとして、お金の管理が出来る事が含まれている傾向があります。

現在の10代~30代前半の若者たちはバブルがはじけた後に生まれた世代なので、低収入なのが当たり前で育ち、就職してからも派手な遊びなどもしないで元々倹約に務める方が多いのかと思います。

ギャンブルが好きだったり、就職していて奨学金の返済なども無いのに貯金がないとか、30代でも貯金が10万円もないとか、そう言う部分は女性から好まれません。

高身長・高学歴・高収入の3Kと言うのは古い表現で、今は時代によって色々変化しているようですが「ある程度収入があるが、お金の管理は苦手」と言う男性は、家計管理の得意な女性を見つけるのが得策でしょう。

 

【プライベートを重視した生き方が主流】

先述した通り、バブルがはじけた後に生まれた30代までの若者たちにとっては「夫が働いて、妻が専業主婦」と言う考え方から「共働き」が当たり前に変わってきています。

それに、低収入だからこそ「好きな事を仕事にする」と言う気持ちも強くなっていると思います。

例えば、夫が管理職で年収600万円、妻が専業主婦の場合

夫は朝から晩まで働いて、稼ぎは良いけど休みが無かったり、出張や単身赴任もあったとします。休日も疲れていて育児に協力的になれないかもしれません。

でも、それなら夫が年収350万円、妻が年収250万円で世帯収入が同じ600万円であれば

低収入でも好きな事を仕事にして、比較的休みもあり、有給も取りやすく、夫も育児に協力できる時間もあったり、休みを合わせて旅行も出来たりと「プライベートの充実」を重要視して、こっちのが楽しく暮らせるんじゃないかと言う考えです。

「稼ぎが低いから結婚が出来ない」と諦めている方が少なからずいますけども、今は「共働き」も普通の時代であり、「子どもがいない家庭」も多くなっています。現に我が家は「共働きで子どもいない家庭」ですから。

だからこそ、男性で「結婚はしたいけど、収入が低いから諦めている」と言う方に「今は夫が一人ですべてを稼いでくる時代では無くなったんだから、収入で諦めるのは早い」と伝えたいです。

収入が低くても、一緒にいて楽しいとか、将来性があるとか、家事・育児に協力的だとか、気配りが出来るとか、収入より重要視される部分って色々ありますからね。

※【注意】結婚は良い事だとか、結婚した方が良いとかって話ではありません。あくまで「したいけど、諦めている方へ」です。

私が5年前に結婚した時は転職して入社1年目でした。

しかも契約社員で手取り13万円程度でしたから(笑

ボーナス5万円くらい。

共働きですが妻は手取り10万円位で奨学金の返済もありますし、よく結婚したなと思いますよ。

それもこれも、私が家計管理が得意で、家事にも協力的だし、転職先でも出世願望強く持って将来性を見出していたからだと思います!(自分で言うな)

だから、ある程度貯金もあったし、北海道神宮で挙式してホテルで披露宴もしたし、新婚旅行は北海道から京都まで豪華寝台列車で行って神社巡りの旅行してきましたからね。(伏見稲荷大社の千本鳥居は最高でした)

要は、家計管理が得意になると、本職の収入の低さって全然問題なくなります。

節約も節税も副収入を得る方法も、知っている知識フル活用してお金を捻出していくんですね。

結婚5~6年経って1000万円近く貯金増えましたから、妻の収入は変わらずに、遊びも、旅行も沢山行きながらです。

勿論、本職でも頑張って出世したり年収も毎年増やしていきましたけどね。

やっぱり、家計管理は大前提として資産運用・投資も大事だと思いますよ。

参考記事:家計管理のコツ【投資資本金の割合】

参考記事:【はじめての資産運用】



↑↑↑すぐ使える!オンライン予約だけに使えるお得な割引サービス有!!ニーズツアー

【結婚費用は消費・浪費ではなく投資!】


一生で一番輝く日にしたい『ブライダルエステ』エルセーヌ

↑↑「ブライダルエステ」ですけど、この費用をポーンと出してあげる彼氏かっこいいですよ。

「俺の彼女は元々スタイル良いから行く必要ない」とか、「その時だけエステに行っても変わらない」とか、そんな事言っててはダメです。

女の子の「人生一番の晴れ舞台」なんだから。

結婚式は女の子の為にするモノと言われている位ですからね、自分が満足する形で迎えさせてあげましょう。

ブライダルエステも、そんなに高い金額なわけではないので「行きたいならお金出してあげるからいってきなよ」って軽く言える位の心持でいきましょう。

これは、その後の結婚生活にかかわってきますから。当然「投資」です。

結婚する時に彼女の気分そこねたら、その後の結婚生活はお先真っ暗ですよ。

なので当然、結婚を意識した時から少しずつ貯金はするべきです。

結婚式にそんなにお金をかける必要はないですけどね、今は記念写真撮って終わりって方も多いですから。

それにしても、少しくらい貯金作らないと、普通に生活が心配でしょう(笑

収入が低くても、家計管理が出来ていて毎月少しずつ貯金が出来ている状態が続いている様だから、まぁこれなら結婚しても生活できるかなって思って貰えるのですから。


クラウドバンクで資産運用

↑↑「クラウドバンク」は、1万円から始めれる投資で「太陽光発電」や「風力発電」の事業に融資します。

4か月~12ヵ月位の短期間で「年利5%くらい」で運用できます。

毎月分配型で、運用期間が満了したら融資額は全額戻ってくるので「タンス預金」より絶対良いです。

結婚資金などを貯めている方は、是非利用する事をお勧めしますよ。私もやっています。

詳しくは参考記事を覗いてみて下さい!

参考記事:【資産運用】分配金額 公開(8月)

参考記事:【貧困生活 絶対脱出宣言!我が家】

 

【お小遣いは・・・適正価格でお願いします】

因みに、結婚してからの財布事情に関してですけど、奥様のお金の管理が厳しすぎてのお小遣いを減らしすぎるのも問題です。

お小遣いを減らされた(極端に少なすぎる)夫は、仕事に対してのモチベーションがダダ下がりになります。

収入が増えるわけでもなく、夫婦仲もギスギスし始めて悪循環になりますから

勿論、お小遣いを貰えるだけの稼ぎがあるのは大前提の話ですけどね。

夫を活かすも殺すも奥様次第なので、いかに気持ちよく働いてきて貰える様にするかがポイントでしょう。

決して「仕事が終わっても帰りたくない家」にしてはいけません。

不満のはけ口は外に向かっていき、スナックに通いだしたりパチンコに行き出したりと、本来家族サービスに向けられるお金が無駄遣いに消えていくだけですから。

夫婦円満で仲が良いのが一番節約になっているのかもしれませんね。

お金の事で夫婦仲が悪くなるのはバカバカしい話ですからね。

最後に、収入が少ないなら、副業でも資産運用でも何でも頑張って収入増やす努力をしましょう!

そんでもって、結婚したいなら頑張って結婚まで持ち込みましょう!応援します!

参考記事:注目!!【共働きウチの家計分担事情】

人に言えない悩み事もありますよね、ここから解決策探してみて下さい↓↓↓

【悩み事】解決ページへ

関連記事

  1. 子どもの貧困対策「きっかけづくり」
  2. 家計管理のコツ【財産管理の必要性】
  3. 家計管理のコツ【1年単位で計算】
  4. 家計管理のコツ【年間収支スケジュール】
  5. 【大人アトピー】L-92乳酸菌で対策

↓↓↓女性にお勧めの転職・スキルアップ・副収入のための通信教育情報↓↓↓


↑↑↑【がくぶん】在宅ワーク!スキルアップ!に必要なスキルの通信教育【資料請求無料】


日本スキンケア協会公認!【スキンケアアドバイザー資格通信講座】

保育士に関する資格講座の資料請求なら【WOMORE】(ウーモア)

ブロトピ:ブログ更新しました

ブロトピ:ブログ更新!

ブロトピ:今日の投資・マネー情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。