低所得で亭主淡泊【結婚と育児疲労について】

Pocket

結婚生活が天国地獄になるかあなた次第】

結局のところ、結婚の決断に「収入」の壁はさほど問題ではないのかなと思います。

生活する上で必要最小限な金額はありますけど、収入面については協力すれば良い事ですから。(主に妻側がそこまでしても結婚したいと言う事であればの話)

低所得世帯(世帯年収約300万円以下)にとって、家族(夫婦)での支え合い、協力しあう事は本当に重要になってきます。

協力して支え合えていれば、おのずと結婚して何年経っても夫婦円満、仲良しですよ。

前の記事でも書いた様に、バブルがはじけて現在は低所得家庭も多いです。(我が家も本職だけで言ったら完全に貧困層です)

男性の平均年収も300万円と言われていて共働きも普通になってきています。

収入が少なくても、笑って生活することは出来るし、そう言う工夫や意識をする事は出来ますよね。勿論、お金が無くてギスギスする事もありますけど。

収入の多さは関係なく貧乏生活(毎月赤字生活)に陥らない為に気を付ける事として

  • 見栄を張らない。(身の丈にあった生活)
  • 収入が増えても生活水準を簡単に上げていかない。
  • お金が無いのに長期ローンのモノを買わない。

って事も大事だと思いますよ。

【亭主関白亭主淡泊】

なのになぜか・・・収入が低いのにも関わらず「家事や育児に協力的ではなくゲームなどをしている夫」が多い様です。共働きなのに!!

収入が少なくても、その代わりに家事や育児に協力的だから許される部分は多少あると思います。

純粋に仕事が好きで働きたい妻もいらっしゃると思いますが、生活の為に共働きをしているのであれば、夫は全面的に協力をするべきです。

夫があまり家事や育児に協力的じゃなくてストレスを溜めている奥さんって多いんですよ。

理想の結婚相手の女性像だけは、一丁前に「見た目は綺麗で、何でも文句言わずにやってくれる」とか、、、、それは「理想的な旦那様」に対してだけですから!!!

「お父さんは一家の大黒柱」のイメージだけは残っているのか、夫が「俺は日中大変な思いして稼いできているんだから」とか言って共働きなのに家事や育児に協力しないってのは全くもってNGです。(例え妻が専業主婦だとしても同じです)

世の奥様方に言わせてはいけない「3大発言」は・・・

  1. 「稼ぎが少ないから共働きしてるんでしょ?」

  2. 「父親だって親なんだから育児するのは当たり前でしょ!!」

  3. 「私は家政婦じゃないんだよっ」

こんな言葉を言わせてしまってはいけません、言われる前に行動に移しましょう。

良いですか?「稼ぎが少ないから共働きをしている」と言う時点で、妻は夫に協力しているんですよ。

自分の方が稼ぎが良い?共働きでも自分の方が働いていて疲れてる?

「は?馬鹿じゃないの?そんなの当たり前だろ、その上で稼ぎが少ないから妻が協力して共働きしているんだろ?」と言いたい。

自分の身の程知らずな夫の末路、、、、分かりますか?「家族から省かれる」です。

以前の記事でも書いた様に、妻は苦労して育てた子どもと仲良くなり、夫は妻と会話の時間が少なく家庭内事情は分からなくなります。

結果的に「夫は給料の配達係」「旦那は元気で留守が良い」と言われる存在になっていくんです。

・・・・そうなりたくないでしょう?!

世の旦那様の皆さん、本当に気を付けて下さいね。

共働きが悪い訳ではない、世帯年収の多さなんて2の次で、まず「奥さんが笑顔でいる事」が幸せな家庭づくりにとって一番重要だと言う事を認識してください。

ただし!!収入を気にして、いくら稼ぎが良くたって奥さんへの気配りも出来ない、家事も育児も協力的じゃなかったら結局、夫として最悪です。

仕事さえしていれば良いと思うなら夫婦仲はどんどん冷めていきますよ。

旦那様方へのお願いはですね、優しく接して欲しいなら「まずは自分から」(男なんだから)

  • 「お弁当ごちそうさま」
  • 「ごはん美味しかったよ」
  • 「疲れてないかい?」
  • 「脚マッサージしてあげるよ」
  • 「何か手伝うかい?」
  • 「子どもと遊んでるから美容室いっておいで」

疲れていても、これ位は言える様にしてください!

奥さんが「育児で疲れていないかどうか?これは常にチェックして気を配るべきです。

別に妻にゴマすれって言ってる訳じゃないんです。

そう言う気遣いを自然と出来れば「良い旦那様」でいられるという事です。

そうしていれば、おのずと仕事から帰ってきたら「冷えたビール」が用意されているようになりますよ。(たぶん)

恋人同士の時の事を思い出してください、もっとお互いの事を想っていた時の事を忘れないでくださいね。

スポンサーリンク



【子ども出来て家庭が崩壊する???】

子どもが出来たことによって「家庭崩壊」って、意味不明ですよね。

それだけ、子どもが出来た時に夫に対して「期待外れだった」と言う話がめちゃくちゃ多いんですよ。

「日本人の男性は恥ずかしがり屋で、思った事を口にしない、仕事人間で家事には協力的じゃない」とか。

「自分は日本男児だからしょうがないんだ」とか自分に甘くなればなるほど夫婦の仲は大変な事になっていきます。

夫婦仲が冷めたり、家庭が崩壊したり、自己破産してからじゃ遅いんです。その火種は、本当に些細な出来事だったりするんですよ?

奥さんからの注意に対して「そんな事くらい」って思うほどの些細な事でも、奥さんからしたら相当イラつく事だったりしますからね。

旦那に不満が募っていけば、最終的にソファーで寝ながらせんべい食べる様になっちゃうんですからね!

可愛い「アザラシ」だったのが年々成長して「トド」になっていくのは旦那さんのせいですから。

「奥様を活かすも殺すも夫次第」って事で結局お互い様なのかもしれません。

こんな話をしていると結婚なんて面倒くさいなーって思うかもしれませんが、でも、私は基本的に「嫁さん大好き」な人なんで全然結婚生活が苦じゃないんですよね。結婚して数年経っても「新婚〇年目です」って答える感じなので。

だって、「好きな人」と付き合えて「結婚」出来たんですよね?(多少妥協したとかあったとしても^^:)

夫婦生活において「結婚式」が一番のピークだったって人結構多いんですが、恋と愛の違いがありますけど、恋のまま結婚しちゃったんでしょうか。

私は「旦那は元気で留守が良い」なんて言われたくないし、結婚したからと言って気配りも優しさもなくなるのは絶対に嫌です。

他人の幸せは単純に祝福してあげたい派なので、だからこそ、夫婦仲が悪くなって離婚とか、奥さんが泣いている、旦那さんが泣いているとか、そうなって貰いたくないですね。

本音を言うと、結婚したなら男なら「自分と結婚して良かった」って奥さんにいつまでも思って貰える様に頑張れよって思います。

ですから男性の皆さん、いつまでも夫婦仲良しでいたいなら、ちゃんと意識をもって生活することが大事ですよ。気を付けて下さいね。

これから結婚する男性は必見です。こんな夫にはなるな!!

参考:育児に参加しない夫「家にいられて楽だろう」 妻が返した言葉は/grape(グレイプ)

これから子どもが産まれるお母さんにはこちら ↓↓↓是非ご覧になってください↓↓↓

参考:「旦那は新人バイトだと思え」子育てに悩む全てのママに読んでしい エピソード10選…だい

 家事・育児を夫に協力させるために妻が仕掛ける言葉のかけ方

次回記事:育児放棄【幸せな結婚生活】って・・・何だっけソレ????切実

前回記事:低収入でも結婚は可能【結婚条件の変化】

今回はこのへんで、ではでは。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
金融・投資ランキング
にほんブログ村

  • ↑↑ブログランキングに参加しています。
  • 記事読んだで応援ポチ宜しくお願い致します^^)

参考記事:【一生「ローン返済の為」に働いて下さい】

参考記事:【貯蓄0円世帯は全体の3割の現実】

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。