育児放棄【幸せな結婚生活】って・・・何だっけソレ????切実

Pocket

ネグレクト=育児放棄とは??

皆さんに一つ覚えておいて頂きたい言葉があります。

それは、「ネグレクト」と言う言葉です。

あまり聞きなれない言葉かと思いますがネグレクトとは「育児放棄」と言う意味で、要するに育児に疲れて放棄する一種の児童虐待の事です。

ニュースでも赤ん坊や幼児を家に放置して餓死させたとか、色々虐待の話も流れますよね?

育児放棄までに行きつくのには、様々な理由が組み合わさって発生すると考えられます。

  • 予定外の望まない出産
  • 育児を片親に任せっきりにする事による「育児疲労」
  • 頼る人が一切いない
  • 借金などのお金の問題
  • 相手(夫・妻)からの家庭内暴力
  • ひとり親で仕事と育児の両立
  • 子どもの障害  
  • その他、精神的苦痛 など

小さいお子さんの子育ては、ちょっとした事で命を落とすかもしれなかったり、言葉や意思疎通が出来ないし、一人じゃとてもじゃないけど精神的に疲れる事なんですよね。

こんなはずじゃなかったってのは、確かにいろんな場面で思う事があるかもしれませんが、仕事で疲れてるからって理由で家事や育児に協力しない父親に対して私は腹立たしく思います。

参考記事:【結婚したい】でも収入が低い・・・切実

参考記事:低所得で亭主淡泊【結婚と育児疲労について】

【ネグレクトの対応策】

児童福祉支援の活動をしてきて、シングルマザーや里親、児童養護施設や支援センターの話や施設の様子などを見聞きしてきましたが

私の主観で申し訳ないですけども、各種ある家庭崩壊の原因は「家計管理が出来ている事」「夫が家事や育児に協力的である事(または、頼る人がいる事)」によってある程度対応出来ると感じました。

この2つが出来ていると最低限夫婦仲は悪くなりません。

お金の問題は単に「収入が少ない」だけではなく「ギャンブルが好き」「借金を抱える」「浪費癖がある」など収入があっても「精神的な問題」の原因になる事は沢山あります。

  • 夫が稼いだ金は自分のものにして最低限の生活費しか家に入れない
  • ストレス発散でスナックやパチンコに生活費までも当ててしまう
  • 夫が定職につかずにフラフラしている
  • ひとり親家庭のパート・アルバイト2~3つ掛け持ち など

家計管理は苦手と言っている場合ではなく、家計をしっかり管理するのは家庭を守る事だと思って、最低限の生活費と、節約などを駆使して少しでも貯蓄を出来る様にしましょう。

パートナーから力任せに家庭内暴力(DV)をされたり、生活費まで奪い取って遊びなどに使われる場合に関しては、可能な限り早く数ある相談先に連絡しましょう。

参考:DV(ドメスティックバイオレンス)とは?被害にあった場合の相談先一覧 ..

参考:DVの相談が出来る無料相談先一覧とよくある相談内容まとめ|離婚弁護士ナビ .

参考:一人で悩まずお近くの相談窓口に相談を。 – 政府広報オンライン 

 

また「父親が育児に協力的かどうか(頼れる人がいるかどうか)」については、まず母親は基本的に育児放棄しないです。

それは、育児しないといけない状況(家で面倒を見る)に置かれるから育児放棄すると言う選択肢にならないとも言えます。

しかし、極端な例として「望まない出産」(※強姦または、妊娠発覚後に父親が失踪、中学生の妊娠、その他)で、生活費が全くない場合や育てていく自信が全く無い場合に、赤ん坊が産まれてすぐに「仕方なく」病院などに預ける例はあります。

参考:赤ちゃんポスト – Wikipedia 

人が気付く場所にならともかく、気付かれない所に置き去り、殺して埋めるなどは人として許される事ではありませんが。

その他にも、シングルマザーが新しい彼氏が出来て「邪魔だったから」と言って育児放棄した事件もありました。

それらは極端な例ですが、男性が仕事を理由に協力しない(気が向いた時だけ、頻度が少ない、ゲームして子どもの相手をしないなども含め)、育児に協力的ではなくて妻に任せっきり、と言うのも「育児放棄未遂」だと言う事を理解して貰いたいです。

また、ひとり親家庭での「頼る人がいない」場合も同様に、実家から逃げ出してバイト掛け持ちで育児しているパターンなど、自分の想像をはるかに超えて耐え忍んでいる方って世の中に大勢いる事も知って欲しいです。

育児疲労に陥った時に相談なども含めて頼れる人がいないと、どんどん精神が病んできます。でも、自分一人で何とかしないといけないと、支援団体などに限界まで相談しないケースも多いです。

要するに育児で心身ともに疲れる「育児疲労」に「お金の問題」または「夫が協力的ではない事(または頼る人がいない)」などの様々な精神的疲労が新たに加わる事で「育児放棄」が発生するんだと思います。

ですので、ネグレクトなどによる家庭崩壊を招かない様にする為にも「家計管理を行ってお金の問題を極力回避する事」、そして世の旦那さんにはこの事をしっかり理解して貰い、幸せな結婚生活を送って幸せな家庭を築きたいなら「奥さんが笑顔でいる事」を大前提として奥さんに対しての気配り、家事・育児など頑張って貰いたいです。

参考記事:【家計管理から資産形成までの流れ】

参考記事:【貯蓄0円世帯は全体の3割の現実】

参考記事:【貧困生活 絶対脱出宣言!我が家】

 

【見守る立場から出来る事とは?】

何不自由ない生活を送っていると、「甘えるな」「もっと強く生きろ」と他人に厳しかったり「離婚する人は嫌い」などと言う人もいますが、私としては「自分はたまたまそうじゃなかっただけで、人の立場や気持ちになって考える事が出来ないのか」と残念に思います。

そんなだから、本人も責任を感じて「人に甘えず自分で何とかする」と言う考えになり、全てを抱え込んでしまったり、限界になってから支援団体に相談したり、極端な例では自殺や無理心中なんて事をしてしまうんです。

私が思うに、生活に困っている方のまわりに居る人たちに対して言いたい事は、困っている人が身近にいても自分から助けにいかなくて良いです、だけど、詳しく事情も知らないで責めることもしないで欲しいです。

気になるなら「困った事あったら話聞くからね」って程度で大丈夫です。

私がまだ20代前半の頃に、仲が良くて年下のシングルマザーの子に「病院代がかかってお金がなくて本当に生活に困っている」と言う事でお金(数万円)を渡した事がありました。

とても感謝されて、ちゃんと返すと言われて連絡も取っていましたが結局その後会えないまま連絡は途切れてしまったんですけど、、、

何が言いたいかと言うと、本当に困っている人って「その場限りの援助」じゃなくて「継続的な援助」を必要としているんですよね。

私も当時は知識もなく、何か助けになってあげたいってだけしか考えれなかったので戻ってこなかったお金のことは別に良いんですけども、今なら、国の制度や、支援団体、いろんな事を紹介してあげれたのかなと思います。

皆さんも、まわりで大変そうにしている方がいたら、話聞いてあげれるようであれば聞いて、支援団体とか情報を知らない様であれば教えてあげて下さい。何も出来ないなら、そっと見守ってあげてください。

と、言う訳で最後にもう一度、何度も言いますが

幸せな結婚生活を送って幸せな家庭を築きたいなら「奥さんが笑顔でいる事」を大前提として旦那さんは奥さんに対しての気配り、家事・育児の協力を頑張って下さい。家計管理も忘れずに。

それが間接的に子どもの幸せにも繋がると思いますよ。

そして、実際に今思い悩んでいる方、兎にも角にも国や団体からサポートして貰える部分は全てお願いして、まずは生活を安定させる事が大事です。何でも自分一人で抱え込まず、子どもを第一に優先して考えていきましょう。生活が落ち着いたら、そこから少しずつ自分の力で頑張っていけば良いんです。こんなブログですが、役に立てるように今後も続けていきますので知りたい情報など希望要望などがあれば匿名でコメント入れて下さい。

家計管理が苦手な方は、私は説明が下手で大変申し訳ございませんが、頑張って説明するので一緒に勉強していきましょう。

以上です。

 

ここまで言ってなんですが、浪費癖・ギャンブル好きな妻による家庭崩壊もありますので、奥様もお気を抜かずに。

札幌だけの支援団体の紹介で申し訳ないです。全国各地にありますので検索お願いします。

札幌支援関係・関連記事:【札幌:子どもの貧困対策】

関連記事:【子どもの貧困問題:我が家】

関連記事:【野菜をタダで手に入れる方法】

 

  • 人に言えない悩み事に対しての解決策があれば何よりです↓↓↓↓

【悩み事】解決ページへ

 

ブロトピ:ブログ更新しました

ブロトピ:ブログ更新!

ブロトピ:今日の投資・マネー情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。