食費節約【賢く安く美しく】主婦の味方

Pocket

【食費の節約について考えてみる】

「節約」と一言で言っても様々な方法や考え方があるかと思います。

やはり生活費の中で1番節約に貢献できる部分としては、食費の部分ではないでしょうか?

今回は「日々の食費に関しての節約」について私も一緒に考えていきたいと思います。

普段私が行っている食費に関しての節約と言えば、パッと思いつく限り

  • 昼食は外食ではなく手作り弁当にする。(おにぎり2個で十分)
  • ドリンクは自販機で買わずに水筒にお茶を持参する。(年中麦茶持参しています)
  • 晩御飯はコンビニ弁当や外食を控えて自炊をする。

と言う様に、自炊をする事で節約をしているかと思います。(実際には妻が作ってくれているのですが)

まぁ、これは本来「自炊する」事が普通で、コンビニ弁当や外食は「無駄遣い」と考えれば「自炊する」事を「節約」とは言えないのかもしれませんが。。。

まぁ、節約を意識するなら「自炊する」事は前提!と言う事で話を進めていくとして、食費の節約するポイントとしては「自炊をする」以外にも色んな考え方が出来るかと思います。

例えば「安く食材を手に入れる」です。

単純にスーパーでの「ポイント〇倍デー」「〇曜市」だとかの日に買ったり「タイムセール」や夕方に値引きされてからの購入と言うのも「安く食材を手に入れる方法」ですよね。

我が家も共働き家庭なので、仕事帰りの値引きタイムに食材を購入することはしょっちゅうあります。

値引きの物も「冷凍すれば日持ちするんだ!」と言う事で、冷蔵庫の中は値引きシールが貼られている食材ばかりありますよ(笑

 

それ以外には「家庭菜園」で自分で野菜を作るパターンもありますね。

自宅近所の「市民農園」で家庭菜園をすると言うのは中々大変かもしれませんが、私の職場でも自宅の庭で食べきれないほど野菜を作っている上司がいたり、毎週末だけ市民農園に行って野菜を収穫している方もいます。

1区画を年間1万円程で借りて、自分で野菜を育てるのですが、まぁ、節約になるかはハッキリとわからないですからね。

親戚に農家が居る場合に、余った収穫野菜を分けて貰うって言うのも手ではないでしょうか!?

私は農家の知り合いが居なくて残念なのですが、収穫時期に手伝いとか行ってみたいものです。

ですが、先述した家庭菜園をしている上司から夏の間大量の「サンチュ」や「水菜」を毎週頂いています(笑

サンチュはお肉を挟んで食べる葉物の野菜ってイメージして頂ければと思うのですが、やっぱりおすそ分けを頂ける方がいるのは良いですよね(笑

山登りが好きな上司も多くて昨年は登山にも連れていって頂いたのですが、そう言う方って「山菜」にも詳しくてですね、その際にはその場で大量のフキを採って下さいました。

今後は「山菜」や「落葉(きのこ)」採りにも連れていって下さるようなので楽しみにしているんですよ。

漁師の知り合いが居たら、魚介類を頂けるのでしょうか?(貰う事しか考えてないですね 笑)

ちゃんとお返しはしていますからね!・・・たまに。

後は、やっぱりパン屋の「パン耳」は絶対ですよね!!!30円とか無料とか。

何か・・・何だろう・・・。。。恥を公開し過ぎなんだろうか(笑


【ふるさと納税は活用するべき】

他には、あまり思い浮かばないのですが、節税対策として「ふるさと納税」で食材を貰うって言うのも賢い方法だと思います。

「ふるさと納税」は、もう今は話題になって大分経つので利用されている方も大勢いらっしゃるかと思います。

「ふるさと納税」は簡単に言うと、全国市町村に寄付をするんですね、そのお礼に各市町村が特産物などを送ってくれるんです。

そして、2つ目のポイントとして「寄付金控除」を申請することで実質2000円で済むんです。

各人の所得分で控除できる上限金額が決まっているのですが、寄付金額分から2000円引いた金額を次年度の住民税と所得税から控除してくれるんです。

要するに市町村にお金を寄付して「寄付金控除をする」事は、「来年度の住民税とかを先払いする」って事になるって感じです。だけど2000円はかかりますって事です。

じゃあ、なんで皆喜んで寄付しているのかと言うと、それは「2000円よりもずっと高いお礼品をいっぱい貰えるから」です。

 

先述した通り、各人の所得分(収入分)によって寄付金控除の上限金額が決まっています。

上限金額を超えるのは嫌なので、我が家の場合は毎年金額を抑えて 私は3万円まで、妻は2万円まで寄付する事にしています。

我が家で今まで頂いた物で言うと、寄付金1万円で「お米12Kg」とか「玄米15kg」とか「お米5kgと野菜詰め合わせ」とか(米ばっかり 笑)

5000円で「アスパラ3kg」とか「ささみ5kg」とか「缶ビール500ml24缶」とか「みかん5kg」とか「さつまいも3kg」とか その他もろもろ。

私で言えば3~4か所位に1万円ずつとかトータル3万円分を寄付しますよね、そしたらたんまりお礼品が届くんです。

寄付した金額は来年の住民税とかから引かれるので、たんまり頂いたお礼品を「実質2000円」で手に入れた!て事になるんです。

これって凄くないですか?!

以前は年明けの「確定申告」の際に寄付金控除の申請をしに行かなければならず、面倒だったのですが今はワンストップ特例制度があるので、とっても楽になったんですよ。

ワンストップ特例の要件

  • ふるさと納税先が5以下であること(5つの自治体まで)
  • 確定申告をする必要がない人
  • 寄附金税額控除に係る申告特例申請書をふるさと納税先に提出すること

要するに、会社員でも「株の配当金を貰ってる」とか「他にも寄付をして控除申請をする」とか確定申告しにいく人は沢山いらっしゃいますけど

そう言うの全くしていなくて、年末調整で済んでて「ふるさと納税」の寄付金控除だけしたいって人は「ワンストップ特例制度」を利用出来ますってことなんです。

この制度はなんも簡単で、各市町村の自治体から送られてきた書面にサインして送り返すだけで、寄付金控除とか全部おしまいになるんですから誰にでも出来ますよね。

重要なポイントとしては、所得を得ている本人が寄付しないとダメって事です。

例えば専業主婦の方の場合、旦那さんが沢山稼いでいても、自分の名前で寄付したら寄付金控除されませんので、ちゃんと旦那さんの名前で寄付してくださいね(笑

アルバイトでも、パートでも所得を得ている方は寄付できますから。

上限金額のシュミレーションは、各ある「ふるさと納税サイト」で出来ます。

これは、目安ですね。

各ある「ふるさと納税サイト」でも上限金額のシュミレーションを出来る様なので試してみて下さい。

顔はお礼品の事でにやけてても良いですけど、寄付はあくまでも市町村に対して「この寄付金を町づくりなどで有効活用に使って下さい!」って気持ちで寄付するんですからね?(笑

今年に関しては、妻がすでに色々お礼品を貰い終わってしまったんですが、私はこれから寄付を始めるんです。

ですので、お礼品が届いたらこちらでお知らせするので楽しみにしていてください^^


【その他の食費の節約方法】

その他に思い浮かぶ「食費に関しての節約」と言うと

以前記事に書いた内容になってしまいますが「タダヤサイドットコム」と言うサイトで、農家が野菜を送ってくれるので、それに応募して当選すれば野菜を貰えるとかありますね。

関連記事:【野菜をタダで手に入れる方法】

 

後は「食費」とは言わないですが「サプリメント」に関してで言えば、「無料モニター」に応募して1回目だけタダでゲットするって言う方法もありますよね(笑

私個人としては「無料モニター」って無料ってキーワードが大好きなのですぐ飛びついちゃうんですが、「無料モニター」でサプリメントとか試供品ドリンクとか色々頂いてますよ。

後で感想アンケートに答えるのもあれば、100%ポイントバックとかで「実質無料」と言う形でゲットしたりですね。

後は、「外食」は日々の食事にいれるとややこしくなりますけど、これも以前書いた記事ですが「覆面調査員(ミステリーショッパー)」って言うのも「外食費」を節約出来る方法かと思います。

関連記事:外食費節約【ミステリーショッパー】

 

まだ、ありますよ、「株主優待」ですね。

私はイオンが大好きで、株を持っているのですが「株主優待カード」を貰えるんですね。

これはイオン系列店で買い物した金額の3%キャッシュバック(持ってる株数によっては4%、5%)されるカードなんです。

他にも、吉野家の牛丼とか、マックとか、これらは「外食費」か。

勿論、お米券や食材が送られてくる株主優待もありますからね。

それらについても以前書いた記事を参考にして頂ければと思います。

関連記事:【貧困生活 絶対脱出宣言!我が家】

 

と、言う様に「食費に関しての節約」と言うのは、単に「1円でも安く売っているスーパーをはしごする」って方法だけではないって事ですね(笑

やり様によっては探せば色々あるって事もそうですし、「食費の節約」って数百円とか数十円とかが多いと思うんです。

それなら、合わせて資産運用で分配金で100円でも1000円でもゲット出来る様に、簡単に始めれる「クラウドファンディング」に挑戦してみるっていうのもありだと思いますよ。

関連記事:【資産運用】分配金額 公開(H30.9月)

皆さんも一緒に、賢く徹底的に節約しましょう!!

さいごに、世の旦那様方へ

  • いつも有難うの気持ちを忘れずに
  • お弁当箱は可能な限り職場で洗ってくる
  • 「ごはん美味しかったよ」の一言を忘れない
  • 共働きで早く帰宅したら「お米を炊いておく」

これ位の事は出来る様にしましょう。

この4つは、会社の社訓みたいに「家訓」にして寝起きの朝礼でお父さんに言わせるのも良いですね(笑

なんでそんな事まで、とか思ったあなたは・・・・・・・・まだまだですね。

家庭円満、奥さんが笑顔でいる事が幸せな家庭づくりの第一条件だと思います。

それが、間接的に子どもにも、旦那さんにも良い影響に繋がると思います。

長々と失礼しました、ではまた。





ブロトピ:ブログ更新しました
ブロトピ:ブログ更新!記事内容更新!はこちらへ!
ブロトピ:今日の投資・マネー情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。