中学生の職場体験学習を担当して

Pocket

【中学生の職場体験学習】

今日は私の職場に市内の中学生10名が「職場体験学習」にきました^^

私も担当になっていたので、普段の仕事の様子や、仕事で扱う機械や道具について説明して実技練習などをしてきました。

月末には1年生の前で体験学習の発表会があるらしく「働くとはどういうことですか?」とか「やりがいはどんな時に感じますか?」とか・・・・今の俺にそれ聞くなよって質問も多かったですが、熱心にメモを取りながら学んでいる様子でした。

みんな多くの事を吸収しようって姿勢が大いに見受けられて、本当に良い子達ばかりでした。人んちの子だけど「立派に育ったなぁ」って感動しました(笑

他のグループは郵便局とか、スーパーとか、色々散らばってるらしく、自分の時には身に覚えのない「体験学習」ですが、子ども達にとってはとても有意義な時間になったのではないかと思います。

いやぁ・・・14歳て。

私35歳なんで、これくらいの子どもがいてもおかしくないんだなぁと・・・ちょっとしみじみしてしまいました。

我が家は結局子宝には恵まれず、今となっては生涯二人で仲良く過ごしていけば良いか!となっておりますが、やはり礼儀正しい子ども達と接すると「子どもかぁ・・・欲しかったなぁ」ってちょっと思ったりします。

子育てにかかる養育費・学費・食費全て含めると毎月の費用はそれはもうとんでもない金額になるんでしょうね。

多くの家庭で共働きとか、節約とか、やりくりを頑張って捻出しているようですね。

我が家は子どもは居ないし、車もない、狭い1LDKの部屋(元々私の一人暮らししてた部屋)だし、シングルベッドで妻と丸まって寝てます。山には初雪が降りましたけども、何とかまだ自転車通勤で交通費うかしています。冬場も湯たんぽと丹前でなるべくストーブを付けないで過ごしています。

妻の奨学金返済はありますが、別にお金に困っている訳じゃないんですけどね。

昔から曲の「神田川」とか、貧乏生活に憧れていた部分もありまして。。。

妻も苦労して育った様で、今の生活が充実している位幸せだと言うもんですから。無駄な出費を避けて節約にも協力的なんで、いつまでもこの生活が続いているわけです。

知り合った時、お互い「テレビ持っていない」って事で意気投合出来たくらいですから(笑

我が家は、いつ子どもが出来ても生活が困らない様に、お金の計算をしたり計画も立てておりますが、肝心の子ども様がやってまいりません。

私は妻といつまでも仲良く、妻には死ぬ時に「楽しい人生だったな」って思って貰える様に頑張っていきたいと思います。

今日も、着込んで子熊みたいになってる妻と遊んで寝ます。

 

貯金関連のおすすめ記事

【人生にお金の貯め時期は3回ある】

【貯蓄0円世帯は全体の3割の現実】

【すぐ始めれる目的別貯金と積立の方法】

【資産運用】分配金額 公開(H30.10月)





ブロトピ:ブログ更新しました
ブロトピ:ブログ更新!記事内容更新!はこちらへ!
ブロトピ:今日の投資・マネー情報

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。