【ふるさと納税】北海道遠軽町のアスパラ届きました!

Pocket

【北海道遠軽町のアスパラ】

妻が昨年末にふるさと納税で寄付していた「北海道遠軽町」からお礼品としてアスパラ600gが届きました。因みにこちらの寄付金額は5000円だった様です。

大きくて立派なアスパラです!!

一本まんまアスパラ焼きは勿論、豚肉巻きとかアスパラって美味しいですよね、好きな方も多いかと思います。妻もアスパラ大好きなんでこんなに沢山頂けて喜んでいます。

遠軽町は道東に位置し、アスパラの産地としても非常に有名なんです。

参考:北海道オホーツクのまち 遠軽町ホームページ

スーパーだと3・4本で300円位で売られていますし、居酒屋でもアスパラ焼き500円位しますもんね。なかなか高くて手が出せないので、こう言うところでお得にゲットするのは充実した生活を送る重要なポイントとなっているのかと思います。

北海道各地で春の作物が収穫されており、新鮮で美味しそうな野菜がスーパーで安く販売されています。

ジャガイモが沢山入って1袋100円、長ネギ一本60円とか、こう言うところが北海道の良さでもありますよね。

なかなか北海道に遊びに来れない方も、ふるさと納税で北海道の新鮮な農作物をお礼品としている市町村に寄付されてみては如何でしょうか?

スポンサーリンク



 【ふるさと納税サイト「さとふる」】

ふるさと納税をまだしたことがないと言う方に、始め方を簡単に紹介しますね。

私がいつも利用しているふるさと納税サイト「さとふるでは、この様に様々な種類のお礼品から選んだり、地域から寄付先を選ぶ事が可能です。今回はこちらのサイトを参考にして、ふるさと納税についてご説明いたします。

【実質2000円で沢山のお礼品】

「ふるさと納税」は簡単に言うと、全国の市町村に寄付をするんですね。そのお礼として各市町村が特産物などを送ってくれるんです。

そして、「寄付金控除」を申請することで翌年度の住民税などから寄付金額が控除されます。ただし、2000円は実費かかります。

各人の所得分で控除できる上限金額が決まっているのですが、寄付金額分から2000円引いた金額を次年度の住民税と所得税から控除してくれるんです。ですので、「いくらでも寄付すればその分控除される」って訳ではないんです。

家族構成なども考慮する必要があるのですが、例えば年収300万円位であれば寄付金は約3万円程度で抑えておくのが目安です。その内28000円が来年の住民税から控除されて2000円が実費としてかかる計算です。

ですので、市町村にお金を寄付して「寄付金控除をする事」は、「来年度の住民税を先払いする事」になるのです。だけど2000円はかかりますって事です。

じゃあ、なんで皆喜んで寄付しているのかと言うと、それは「実費2000円よりもずっと高いお礼品をいっぱい貰えるから」です。

(例)年収300万円の人が3万円寄付した場合

例えば先述した様に、年収300万円の人が3万円分寄付するとして、3か所に1万円ずつトータル3万円分を寄付したとしますよね、そしたらたんまりお礼品が届くんです。

我が家で今まで頂いた物で言うと、寄付金1万円で「お米12Kg」とか「玄米15kg」とか「お米5kgと野菜詰め合わせ」とか(米ばっかり 笑)

5000円で「アスパラ600g」とか「ささみ5kg」とか「缶ビール500ml24缶」とか「みかん5kg」とか「さつまいも3kg」とか その他もろもろ。

寄付金の2000円引かれた金額が翌年度の住民税から引かれるので、たんまり頂いたお礼品を「実質2000円」で手に入れた!て事になるんです。

これって凄くないですか?!

何度も説明しますが、ふるさと納税は「節税」になる訳では無くて、前年度に住民税を先払いしておくと言う様な感じですね。

そして以前は、寄付をしたら3月に確定申告をしなければいけませんでしたが、現在は「ふるさと納税ワンストップ特例」という制度があり、これはふるさと納税の寄付先の自治体が5つまでの方が利用できます。そして、自治体でふるさと納税後の税額控除の手続きを済ませてくれると言う便利な制度なんです。

ワンストップ特例の要件

  • ふるさと納税先が5以下であること(5つの自治体まで)
  • 確定申告をする必要がない人
  • 寄附金税額控除に係る申告特例申請書をふるさと納税先に提出すること

会社員でも「株の配当金を貰ってる」とか「他にも寄付をして控除申請をする」とか自分で確定申告しに行かなければならない方は沢山いらっしゃいますけど

そう言うの全くしていなくて、「ふるさと納税」の寄付金控除だけをするって人は「ワンストップ特例制度」を利用出来るんです。

この制度はなんも簡単で、各市町村の自治体から送られてきた書面にサインして送り返すだけで、寄付金控除とか全部おしまいになります。確定申告の際に寄付金控除をしに行かなくても良いって事です。

重要なポイントとしては、所得を得ている本人が寄付しないとダメです。

例えば専業主婦の方の場合、旦那さんが沢山稼いでいても、自分の名前で寄付したら寄付金控除されませんので、ちゃんと旦那さんの名前で寄付してくださいね(笑

アルバイトでも、パートでも所得を得ている方は寄付できますから。

上限金額のシュミレーションは、各ある「ふるさと納税サイト」で出来ます。

これは、目安ですね。

各ある「ふるさと納税サイト」でも上限金額のシュミレーションを出来る様なので試してみて下さい。

顔はお礼品の事でにやけてても良いですけど、寄付はあくまでも市町村に対して「この寄付金を町づくりなどで有効活用に使って下さい!」って気持ちで寄付するんですからね??

まだ、ふるさと納税を経験ない方がいらしたら是非試してみては如何でしょうか?

私が使っているふるさと納税サイトの「さとふる」はこちらから見れますのでどうぞ。

また、この様なふるさと納税の本で詳しく学んでみてから始めるのも良いですね。

ではでは、今回はこの辺で。

今後とも応援宜しくお願い致します。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
金融・投資ランキング
にほんブログ村

↑↑ブログランキングに参加しています。

記事読んだで応援ポチ宜しくお願い致します^^)

【おススメ記事】

貯金箱の話:2年間貯めた貯金箱を開けてみました【臨時収入を作る】

貧困問題の話:貧困と正面から向き合う【貧困問題】

お金の増やし方:節約と貯金に併せて【初めての資産運用】年5%と複利効果で賢く生きる。

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。