夫婦円満の秘訣は「思いやりの気持ちと少しの童心を忘れない事」

Pocket

【夫婦仲良しの秘訣】

妻との今年最後のGWお出かけデートとして春のイベント「サケの稚魚放流体験」「梅林公園」に行ってきました。

妻も楽しみだったのか日ごろ我々は朝ギリギリまで寝てて朝食は食べてないのに、今日は朝5時半に起きて朝ご飯を食べました(笑

前日は私が疲れ切っていて妻より2時間ほど先に寝てしまい、妻は0時に寝たと言うのに私より先に起きた位ですから。

朝8時半には家を出て、地下鉄乗り放題「ドニチカきっぷ(土日祝限定)」520円を利用し、まずは地下鉄「真駒内駅」へ向かいました。

こちらが札幌市の地下鉄路線図です。

真駒内は1972年の札幌冬季オリンピックの会場になった地域です。

地下鉄「真駒内駅」からは用水路の桜並木を通り、緑一杯でとても広い真駒内公園の中を横切って目的地の「豊平川さけ科学館」へ行きました。

真駒内公園に向かうまでの「真駒内用水路の桜並木」はとても綺麗で、先週同様に天気も良く朝一番にさわやかな散歩を楽しめましたね。

 

「サケの稚魚放流体験」(無料)は、10時からと言う事で計画通り開始時間には現地に到着しました。

「さけ科学館」の中で展示品などを見学したり、科学館で育てている稚魚の大きな水槽などを観察した後、多くの家族連れや子ども達に交じって豊平川に繋がる「真駒内川」の横で放流体験をしてきました。

 

稚魚は4~5cmほどで元気よく、稚魚の放流は私も妻も初めての体験で童心に戻って楽しめました。

本当は子どもの頃に沢山色んな事を経験や体験が出来れば良いのですが、何でも全部経験出来る訳ではないですからね。妻は自他共に認める「精神年齢小学3年生」なので、こう言った体験も凄く喜んで参加してくれます。勿論、私も興味深々なので、私も来たかったし連れてきたかったって感じで。

きっと我々は2人とも小学生の友達みたいな感じなんですよね(笑

真駒内駅に戻ってから、次は梅林がある「平岡公園」へ向かいました。

平岡公園には地下鉄「新札幌駅」からバスで13分程度で行けます。地下鉄の最終駅から別路線の最終駅まで寝て移動です。

新札幌駅でパンなどの昼ご飯を調達し、平岡公園に到着したのは13時過ぎでした。

平岡公園の梅林へ来るのは3年ぶりくらいで、前回は地下鉄「大谷地駅」から歩いて行きました。今回は真駒内で歩くことにしたので、こちらはバスを利用しました。

平岡公園は面積66haあり、園内には約1200本の梅林がある事で有名です。5月中には毎年10万人ほどの観光客が訪れ、今年は4月27日~5月19日まで行われている「梅まつり」を目当てにやってきました。

平岡公園について詳しくはHPへ。

参考:平岡公園HP

札幌の春は遅く、先週の段階では梅が「3分咲き位」との情報だったので、迷って「ゆにガーデン」にいったんです。

ですので、今日は気温も暖かく花も「9分咲き」で最高のコンディションで梅林を迎える事が出来ましたと言う訳です。今回のGW中のお出掛けは、この「梅林」がメインだったので大満足でした。

  

敷物敷いて1時間位ですかね、ランチ食べて私は梅酒ソーダなんて飲みながら花見を楽しみました。

人も多くて、梅まつり名物の「梅ソフトクリーム」には長蛇の列が並び、こんなに並んでまで食べたくないって事で我々はスルーしました。

1日中「あーだこーだ」ずっと会話をしながら楽しい時間を共有しました。夫婦仲が良い状態で保つには日ごろの会話時間って重要な様ですね。その点はうちは問題ないかと思います。

日頃のストレス発散の為に、新しい体験をして刺激を貰ったり、自然と触れ合って気分転換をしたりと中々楽しいGWでした。あと2カ月位で子どもが産まれる予定なので、今後は出産後の準備も本格的にやっていかないといけません。

妻のストレスが溜まり過ぎない様に、日ごろから気を配り、よく観察して声かけなども行って、妻が不満や要望があった時は気軽に言える様な環境を作っていかなければなりません。相手の事をどれだけ知るか、どれだけ知ろうとするのかが大事なんじゃないでしょうか。

上手くいく事ばかりではありませんが、支え合っていければと思います。

【童心を忘れずに】

お金を出さないと楽しめないとか、便利で快適なモノに頼り過ぎるとか、全然ダメです。子どもの頃はお金が無くても凄く楽しかったはずですし、お金をかけなくても楽しめた事は沢山あったはずです。

展望台で天体観測、工場見学、山登り、花見、キャンプ、海水浴、水道記念館、博物館、図書館、ギャラリー、花火大会、サイクリング、神社参拝、体験学習、航空祭だって色々と無料で利用出来たり楽しめる場所や行事、遊びは沢山ありますから。

「それは子どもが対象でしょ、子どもがやる事でしょ」なんて最初から決めずに、大人になっても何事にも興味を持って見て聞いて感じる事、学んで考える事を忘れない様にするのは良い事だと思います。

大人になってから見て知った時の感じ方、考える事って子どもの頃と全然違いますから、天体観測とか水道記念館とか、工場見学なんて子どもよりむしろ大人(親)の方が楽しんでますよ(笑

それに、年齢だけ重ねて大人になったつもりでも、純粋な中身は子どもの頃からさほど変わって居ない訳で、大人と子どもの違いは「おもちゃの金額の違いだけ」とも言われる位ですからね。

札幌豊平川のサケは稚魚の時に川の匂いを覚えて3年かけてアメリカまで行って、ちゃんと豊平川に戻ってくるんですよ。凄くないですか?笑

感受性が低くなったら、本当につまらない大人になると思いますよ。

いつまでも「思いやりの気持ちと少しばかりの童心」を忘れずに。

「魚はスーパーの切り身しか見た事が無い」とか「毎日友達とTVゲームしてる」とか「お米を洗剤で洗う」とか何も知らない子どもに育てちゃダメですよ。当たり前の様に目の前にあるモノ、目の前に出されるモノに対して、興味を持たなくなると「そこにあって当たり前、その状態で当たり前」になっちゃいますから。

そうなるまでの過程を知らないと、知る様にならないと、本当に無知で何も興味を示さないつまらない人間になりますから注意してくださいね。

今回はこの辺で失礼します。

今後とも応援宜しくお願いいたします。

関連記事:夫の愛情表現が足りないと起こり得る悲劇とは?【主婦の家出】

にほんブログ村 にほんブログ村へ
金融・投資ランキング
にほんブログ村

↑↑ブログランキングに参加しています。

記事読んだで応援ポチ宜しくお願い致します^^)

【おススメ記事】

ふるさと納税の話:【ふるさと納税】北海道遠軽町のアスパラ届きました!

貧困問題の話:貧困と正面から向き合う【貧困問題】

お金の増やし方:節約と貯金に併せて【初めての資産運用】年5%と複利効果で賢く生きる。

イオンの話:【イオン北海道がMV北海道を吸収合併?!】株主総会行きたい!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。