子どもに「おこづかいちょう」を与えるメリットとは?

Pocket

【おこづかいは無くても良い】

日本では家族間で「お金の話」をあまりしない事から一般サラリーマン家庭の子どもが「お父さんの年収はいくら位だと思う?」と言う質問に対して「10万円!!」「100万円位?」「1億円!」と応える子どもも多く、「お金の感覚が鈍い子」が多い様です。

私としては、小学生の頃に親から「おこづかいちょう」を贈られてお金の管理をしていた経験が今の自分にとても影響を与えていると思います。

お小遣いが無いのにも関わらず「おこづかいちょう」を私に贈った両親もなかなか変わった人だと思いますね(笑

たしか・・・「お年玉を誰から・いくら貰ったのか、きちんとメモしておきなさい」とかそんな理由だったと思います。ですので、最初の書き込みは正月から始まっています。

しかし、お年玉に関しては「おこづかいちょう」に誰からいくら貰ったのか書いて、親に預けて貯金をするんですけれども、親はそれを学費に使っていました(どこの家庭でもそうですよね)

子どもの私がなぜそれを分かったのかと言うと、いつだったか「通帳見せて!」と頼んで見せて貰ったら定期的に幼稚園代や学費で引き落とされていて残高が全然無かったんです。それで、泣いたんですね。

後日、母親が1万円預入した通帳を見せてくれて満足して終わった記憶があります。単純ですね(笑

じゃあ、お小遣いを貰っていなかったのに「何を書く事あるの?」って思いますよね。私が行っていた事をいくつかご紹介します。
スポンサーリンク


【おこづかい以外で記入すること?】

お小遣いは無かったですが、何かしら記入することはありました。

ビールの空き瓶を酒屋や商店で1本5円で引き取ってくれました。今も同じだと思います。

たしか、牛乳瓶が30円で引き取ってくれた様な記憶もあります。

それから、拾った10円だとか、駄菓子やカードダスを買ったりして30円使っただの50円使っただの書いてましたね。

後は、買い物を頼まれた際に、1円単位の端数を抜いておつりを返したり(笑

BOOKOFFに本を売ったりもしていました(親の許可書が必要だったと思います)

犬を飼っていたので、ウン子処理で1本に付き1円と言うお駄賃があった覚えがあります。

誕生日には祖母が5000円分の図書券をくれるのですが、図書券って現金でおつりくれるんですよ(笑

子ども心として「おこづかいちょう」に沢山書き込みたいのに、記入する事がなくて悩んだ挙句にひらめいた方法が「自分募金」と言う方法でしたね。

貯金箱に小銭を入れて「つかったおかね」のところに「じぶんぼきん〇〇円」と書くんです。

何回か続けて、数か月後に貯金箱を開けて「もらったおかね」のところに「じぶんぼきん〇〇円」と書くんですが、ただ単にお金が財布と貯金箱を行き来しただけなんですよね。

小さい「おこづかいちょう」でしたが小学4年生から、途中飽きて数カ月とか空きながら、2年かけて使い終わりました。とても良い思い出で今もそれは大事に持っています。

その時の達成感はとても嬉しくて、その反面、シールや映画の半券チケットなどを貼って厚みの出た「おこづかいちょう」をまだ使っていたくて「使い終わるのが、ちょっと寂しい」みたいな感じでしたね。

今では、毎年1冊家計簿が増えており、思い出レシートなどで「厚み」が出るのがまた「アナログ家計簿」の良い所なんですよね。

お子様用としてお賽銭型貯金箱の工作キットはこちらから↓↓↓ (夏休みの自由研究にも良し)

賽銭箱型貯金箱 工作キット

【お金が無いからこそ生まれる発想力】

ゲーム機はありましたが、全然ゲームソフトを買って貰えなかったのでTVゲーム自体に飽きてしまいました。ファイナルファンタジーとかも世の中が最新の作品で盛り上がっている時に、私は兄が中古で買ってきた2つ前位の作品を1度やった事があります。

今でも「ぷよぷよ」とか「もも鉄」は好きですが、基本的にTVゲームなどは全くしません。

「つまらないし、時間の無駄」と言うイメージが幼少期に埋め込まれたからです。

今は「資産運用の分配金」や「通帳残高が増えていく様子」も私にとっては「TVゲームでハイスコアを出している感覚」でとても楽しいです。

それは、幼少期にTVゲームが出来なかったからこそ、何事も「ゲーム感覚で楽しむ様になった」のが影響されていると思います。

他にも、自分の能力(仕事・頭脳・体力・趣味・財産)の満足レベルを「理想を100%」として評価して、円グラフで自分を「見える化」もしていました。

自分でも分かっているんですが努力する部分を明確にして、目に見える様に紙に書きだす事で「具体的な目標づくり」と「いつも意識して生活をする」事が出来たんです。

「ゲームキャラクターのレベルアップする位なら、自分の人間としてのレベルを上げた方が良い」と言うのが、ただ新しいゲームソフトが買えずにTVゲーム自体に飽きた子どもの頃の私が行きついた考え方でした。今もその考えは変わりません。

そう言う訳で、自分を主人公として、人生をゲーム感覚で生きる事が出来る様になりました。

今も「みんなと一緒」とかは好きじゃないし、「誰かに似てる」って言われるのも好きじゃありません。「私は私」で「オリジナル」なんだと(笑

おかげで人生を楽しむ事が出来ているし「自分が好きと言える」、それに「個性」に対して偏見もありません。

お金が無くてゲームソフトが買えないのに「おこづかいちょう」を付けていたから変な発想をして変わった人間になったのかは分かりませんが、今の自分を構成している部分のある程度は幼少期の体験が影響している事は間違いありません。

自分の子どもには、ゲームを買い与えてしまうのか、「おこづかいちょう」を与えるのか、みんなが自分と同じ様な考えにはならないと思いますけれども、余りTVゲームばかりする子にはなって欲しくないです。

本を読んだり、外で走り回る子どもになって貰える様に、一生懸命誘導します(笑
スポンサーリンク




おもちゃにしても、今は100円ショップでも買えるし本当に安く何でも買い与える事が出来る時代になりました。

こども服も「古着屋」で売買されて、子ども用品も何でも安く用意出来る様になりました。

新品かリサイクル品か、高価か安価か、それは別として「物」に関しては、どの家庭の子どももある程度は何不自由なく欲しい物や必要なモノを買って貰える時代にはなったんじゃないかと思います。

安くて便利で何でも出来るからこそ、子どもの成長にとっては悪影響になる事もあるでしょう。案外「足りない」「買えない」「与えられない」時に、自分で考えて何かを得ようとする「ハングリー精神」や「雑草根性」などが芽生えるのかもしれません。

子どもにとってはそれも大事だと思います。

来月生まれてくる子どもも、将来強く生きて貰いたいです。

子どもの貧困問題に関して言うと、我が家は現在相対的貧困状態ですので、これから生まれてくる子どもは必然的に「子どもの貧困問題」に直面する事を余儀なくされていると言う事です。

「節約」「貯金」「投資」+「副収入」の4本柱と共に、制度やお得情報を駆使しして我が家は貧困問題に対して抗っていきたいと思っています。

今後とも応援宜しくお願いいたします。

おススメ記事:節約と貯金に併せて【初めての資産運用】年5%と複利効果で賢く生きる。

貧困問題の記事:我が家は相対的貧困なんでしょうか?【貧困問題・下流老人】

にほんブログ村 にほんブログ村へ
金融・投資ランキング
にほんブログ村

  • ↑↑ブログランキングに参加しています。
  • 記事読んだで応援ポチ宜しくお願い致します^^)

【おススメ記事】

ふるさと納税の話:【ふるさと納税】北海道遠軽町のアスパラ届きました!

子どもの貧困の話:育児放棄【幸せな結婚生活】って・・・何だっけソレ????切実

お金の増やし方:節約と貯金に併せて【初めての資産運用】年5%と複利効果で賢く生きる。

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。