和風防寒着「長丹前・綿入り袢纏」は暖かく、和心に響く。

Pocket

【和風防寒着「丹前」】

「丹前(たんぜん)」をご存知ですか?

厚く綿を入れた長着で、日本で古くから防寒用として親しまれてきました。

地方によっては「どてら」とも呼ばれています。

長着の「丹前」に対して、羽織風の腰あたりまでの「綿入れ袢纏(はんてん)」もあります。

暖房設備が整い西洋文化が広がった事で需要が減りつつも愛好家は多く、今現在も着物店で購入する事が可能です。

私も学生時代は「綿入り袢纏」を着ており、社会人になってからは「丹前」をずーっと愛用してきました。今現在も丹前湯たんぽは冬場において必要不可欠な存在となっています。

綿抜き・綿+ポリエステル・綿100% などと種類があるのですが、綿100%が一番重いです。重さに対して暖かさも感じられ、特に冬場凍える東北・北海道などでは重い方が人気がある様ですね。

ちなみに、私の愛用長丹前はこちら↓↓↓ 綿100%で、掛布団を着ている感覚です。

 
※妻の協力のもと、ドアの前で撮影^^;

ストーブの設定温度を抑えることで暖房費の節約にも繋がりますし、「丹前・袢纏」を着てコタツに入りながらミカンを食べるのは冬場の楽しみの1つですね。

長丹前 おススメです。

【現在人気上昇中】

「和物・和風・和装」が好きな方も多く、浴衣・着物ブームに合わせて「丹前・袢纏」の人気もじわじわと出てきています。

特に日常的に室内着として着る「丹前・袢纏」は、パジャマの上から着たりするだけでも和装気分を味わえることから手始めに生活に和装を取り入れたい方や海外の方からも大変人気なんです。

大学の寮生や、演劇の舞台衣装などでは以前から根強い人気がありました。陶芸・盆栽などが好きで甚平を着ていらっしゃる方も、冬場には綿入り袢纏を着ている場合が多いですね。

基本的に丹前に関しては男性用となり、多少男女兼用の商品もあります。

女性には、赤色や橙色などの綿入り袢纏が人気です。

今は着物店のネット通販で好きな物を選ぶ事が出来ますので是非ご覧になって下さい。

丹前は基本的に腰帯(丹前帯)は別売りですので、ご購入の際は帯も一緒に取り寄せる事をおススメします。

腰帯だけを購入する場合は、この様にメール便で郵送してもらえるのも特徴です。

【お手入れ方法の紹介】

丹前や袢纏が汚れてしまったり、いざ着ようと押し入れから出したらカビ臭かった時などのお手入れ方法をご紹介します。

基本的には「手洗い」をおススメしております。

①たたんで水またはぬるま湯を使用する

②優しく押し洗いをする

③洗剤を使用する場合は「中性洗剤」

④洗剤を使用した場合は、「すすぎ」をしっかり行う

⑤漂白剤は絶対に使用禁止

⑥洗濯機で脱水

※初めから洗濯機を使用する場合は「洗濯ネット」に入れて「手洗いモード」で行う

⑦生地を傷める為、乾燥機はなるべく使用しない方が良いです。

⑧優しく伸ばして形を整えてから干す

洗濯をすると、中綿がふっくらモコモコとなってとても気持ちいいですよ^^

【さいごに】

今回は和風防寒着、私も愛用している「丹前・袢纏」をご紹介させて頂きました。

今まで知らなかった方や、和物などに興味を持ち始めた方に良い情報として伝えられていれば幸いです。

これからも、私が好きな物なども含めて紹介しますのでお楽しみに。

今回はこの辺で、ではでは。

おススメ記事

  1. 贈り物に「つげ櫛」のススメ【愛情表現】

  2. 結婚祝いに「包丁」を贈りました【夫婦円満の秘訣】

  3. 【日本酒「まねきつね」】日本酒好き女性にお勧め商品

トップページ&自己紹介

最新ブログ記事ページへ

にほんブログ村 にほんブログ村へ
金融・投資ランキング
にほんブログ村

↑↑ブログランキングに参加しています。

記事読んだで応援ポチ宜しくお願い致します^^)

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。