人生計画の資料として「資産形成計画表」の作成


スポンサーリンク


【今後30年の資産形成計画表】

人生予定通りになんて上手くいかないものです。

でも、目標設定、計画、実行、そして調整の繰り返しで少しずつ目標に近づいていきます。

私が貯金と投資・資産運用を利用して資産形成を行っている中で、資産形成計画表を作成しています。

「今後この様に資産を殖やしていきたい」と言う、あくまでも目安で人生計画を立てる際の一つの資料となっています。

次の4月で私が37歳になった時の資産運用に回す資本金を750万として年間5%で運用していきます。そして、1年間貯金した分も次年度の資本金に上乗せしていきます。それを30年続けた場合を表しています。

これはかれこれ3年程前から実行している事ですが、今回見直しをして、昨年の2019年に娘が生まれたのを起点として再計算を行いました。

以下が、現在の資産形成計画表です。

関連記事:節約と貯金に併せて【初めての資産運用】年5%と複利効果で賢く生きる。

【調整・課題・保険】

計画を進めていく上で、いくつかの調整・課題・保険があります。

●調整

・貯金額の変更(100万円→70万円)

生活費・養育費は全て私の月17万円程度の月給範囲内で収める事を前提としています。今後少し広い部屋へ引越しなども考えられるので、かなり困難になります。現在、1年間の運用分配金を含めて年間150万円程の貯蓄が出来ているので、実質「貯金」の部分としては100万円程と評価し、その上で30万円程切り崩して生活費の予算に補てんします。よって、今後の貯金分(ボーナス+燃料手当+先取り貯金)を年間70万円として計算していきます。勿論、旅行代なども考慮してあります。

娘の成長と共に費用もかさみますが、私の収入UPの変動でカバーします。その分、年間貯金額は一律にしています。

課題

・学費は未知ですが、何としても月給の範囲内で収めます。娘の高校進学以降の費用は「児童手当積立」を利用します。

・将来、マンションの購入なども考えられます。その分は、退職金・予備財産などでカバーする事を考えています。

・そもそも、3~5000万円の大金を投資・運用につぎ込む事自体、非常に困難な話です。(運用方法・分散投資など)しかし、年間の不労所得が200~250万円はセミリタイヤが可能な金額なので夢です。

●保険

割と慎重派ですので、先述した表には予備財産や、隠し財産は含めて居ないです。(児童手当積立・投資信託積立・その他数か月分の生活費など)

関連記事:【学資保険の代用】児童手当の積立運用と利回り別積立総額について

その他、400~600万円程度の退職金(65歳まで働いた場合)もあります。

それらは計画を予定通り進めていくために、ズレた場合の帳尻合わせとして保険の役割もあります。

年間5%の運用について、実際には5~7%での運用を行っています。しかし、資本金が大きくなるにつれてリスクが低く利回り5%以下の商品を組み込んで運用していくことも考えられます。

スポンサーリンク


【人生計画】

私の人生計画の目標の一つに「60歳までに5000万円貯金を貯める」と言うモノがあります。あわよくば、その年齢あたりで仕事を止めてのんびり暮らしたいです。副業なども頑張って更に早い年齢でリタイヤしたいとも思っています。

将来の目標(60歳)は、資産形成だけではなく「ありたい人物像」や「生活」などもあります。

  • 外見は細マッチョで、体重65kg、体脂肪は15%位で居たい
  • 知識として、仏教の勉強をしたり神社検定に挑戦したい
  • 自他共に認める色鉛筆画作家になりたい
  • 健康で、妻と仲良く全国を旅行して回りたい

他にも沢山あります。

それぞれで、やらなければならない事、努力する事や目標づくりなどが必要となりますよね。

今後長い人生ですが、ある程度の人生設計を行いながら、幸せな人生を歩んでいきましょう。

少なくとも、私は老後2~3000万円はある予定ですので、悠々自適に過ごす計画です。

関連記事:学資保険に加入する人・しない人【100%加入時代は終了】

関連記事:投資・資産運用は家計管理が出来る様になってから

関連記事:愛妻と行きたい「のんびり旅」3選

トップページ&自己紹介

最新ブログ記事ページへ

にほんブログ村 にほんブログ村へ 
仲良し夫婦ランキング
にほんブログ村

↑↑ブログランキングに参加しています。

記事読んだで応援ポチ宜しくお願い致します^^)

スポンサーリンク