【令和時代】個人投資による人生設計。


スポンサーリンク


【投資・資産運用先の検討】

投資・資産運用方法としては

  • FX
  • 株取引
  • 投資信託
  • 純金積立
  • 外貨預金
  • 学資保険
  • 財形貯蓄
  • 古切手収集
  • コイン投資
  • 腕時計投資
  • 確定拠出年金
  • 不動産小口投資
  • エンジェル投資
  • ロボアドバイザー
  • ソーシャルレンディング

などなど、他にも沢山あります。

私は最近、児童手当を積立運用する「SBIソーシャルレンディング」に登録をしたばかりです。

現在でもソーシャルレンディングなどの「融資型の運用」、投資信託の「積立運用」、株取引では株主優待目的で「限定銘柄の長期保有」と言う事で頻繁に売買はしていないので、全体的に「ほったらかし運用」しかしていません。

正直、始めやすい空き地ビジネスもやりたいのですが、なかなか納得のいくものが見つからずにいます。フランチャイズでも、興味を持てて新規参入出来そうな職種があれば挑戦しようとアンテナをはっています。

今後、多少のリスクを負ってでも資産形成に力を入れていかなければならないので、頑張っていきたいと思ってます。

スポンサーリンク


【個人努力時代】

家計管理・年間貯蓄計画・ライフプランニングなど資産形成と言うのは、PDCAサイクル「Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)」で行っていくのが重要です。

たとえ会社に属していたとしても、自分の生活が破綻しないように経営している個人事業主だと思う方が良いでしょう。何でも会社に頼って依存していると、会社が倒産と同時に路頭に迷います。

もうすでに、国や会社におんぶ・抱っこで生き抜ける時代ではなくなりました。国は最低限死なない程度には生かしてくれるかもしれませんが、それを頼りに何もしないのは非常に危険です。

インターネットの整備も整い、稼ぐ方法も多様化し、情報として知識もバラまかれています。

後は、行動に移して「挑戦するか」「挑戦しないか」です。

大学の在学中に起業してお金を稼いでる人も沢山います。

今の若い人達は、国や会社に依存せず、副業を行い、投資・資産運用も行います。就職しても10年も経たずにお給料よりも稼いで、あっという間に早期リタイヤしていきますよ。

すでに貧富の差は開いていますが、10年後・20年後・30年後となるにつれて、両極端になります。

結局お金と言うのは、ただの「数字」って言うのがあらわになってくるのではないでしょうか。

数年前から努力してきた人達も含めて、早期リタイヤする人が今後増え続けるでしょう。

将来的には、日本にもスラム街が多く目立ってくる可能性だってあります。

そこからは、今よりも抜け出すのは難しいと思いますよ。

幸せな時、自由に好きな事が出来る今だからこそ、努力をしておくべきだと思います。

お互い頑張りましょう。

今回はこの辺で、ではでは。

関連記事:【学資保険の代用】児童手当の積立運用と利回り別積立総額について

関連記事:学資保険に加入する人・しない人【100%加入時代は終了】

関連記事:節約と貯金に併せて【初めての資産運用】年5%と複利効果で賢く生きる。

トップページ&自己紹介

最新ブログ記事ページへ

にほんブログ村 にほんブログ村へ 
仲良し夫婦ランキング
にほんブログ村

↑↑ブログランキングに参加しています。

記事読んだで応援ポチ宜しくお願い致します^^)

スポンサーリンク