アスペルガー症候群(仮)の妻との生活

Pocket

【アスペルガー症候群とは?】

アスペルガー症候群と言うのは学習障害のない自閉症とも言われていますね。

相手の気持ちを察するのが難しかったり、場の空気が読めないなどの特徴があるので集団生活で上手くなじめない場合もある様です。

一つの事に熱中した結果飛びぬけた能力を発揮する事がありますし、細かい事でこだわりがあって、例えば綺麗好きな人もいれば、全く逆の場合もあると。

外見からは全く分からず、医者や研究者などにも多いようですね。

あまり、他人に興味は無いようで人の目を気にせずに自分の好きな事をしたりする事もあるとか。

そして、アスペルガー症候群は遺伝する可能性がある様です。

今は色んな心の悩みや、体質などにも「〇〇症候群」などの様に「病(やまい)、障害」として見る様になりましたので、一概に「これはこう」と決めつけるのも難しいのでしょうけど、アスペルガー症候群って言うと何となくこんな感じの特徴がある様です。

【妻がアスペルガー症候群?】

今回は私の妻について話をさせて頂こうかと思います。

私の妻はひとり親家庭の育ちで子どもの頃は経済面で相当苦労した様なんですね。

小学4年生の時に両親が離婚して、その時から母親の新聞配達の手伝いを始めました。高校は新聞奨学生で通って、夏休みなどの長期休暇の際にはアルバイトを掛け持ちして家に生活費を入れて過ごして居た様です(それで、部活と生徒会もしていた所が凄い)

大学時代も新聞奨学生で通い、サークル2部自治会に所属しつつキチンと4年間で卒業しています。(私は同時期に同じ大学に通っていましたが、2年間で中退しました・・・。)

そんな妻と付き合って2年後、今から5年前に結婚してから分かったのですが、どうやら「アスペルガー症候群」の可能性が高い様なんですね。〇〇の様だと言うのはキチンとした診察はしていないからです。

病院へ相談などをしに行っていないのは、アスペルガー症候群などの「障害」で診断されると、働く事が出来なくなる職種なども発生するし(例えば警備員とか・・・付き合い当時妻は2年半ほど警備員をしていました)、私は原因を知る前からそのままの彼女を受け止めて対応してきたので、改めて診察する事もないと思ったからです。

スポンサーリンク



【疑惑ときっかけ】

「アスペルガー症候群」と言う言葉を知ったきっかけは、3年ほど前、妻が義妹と「占い」に行った時に占い師から結果を一通り最後まで聞いて、妻が「何を言っているのか分からなかった」と言ったそうなんです。占いの結果の話を聞いても「理解出来なかった」と。

その場で色々話をして、占い師の方から「もしかするとアスペルガー症候群かもしれないですね」と言われたのがきっかけでした。それで、妻からその話を聞いて検索をしてみると、ばっちり当てはまっていたんです。

インターネットでアスペルガー症候群の診断テストを行ったら、妻は80%の高確率と言う結果でした。

普段からも人の話を聞いた後に「何を言っているのか分からない」と言う事が度々ありました。妻いわく「ただ言葉が音の様に頭の中を流れるだけ」と言う様な感じでしょうか。

それって結局、人の話を聞く時に「話の内容をイメージ(想像)して、尚且つ、理解しながら、聞く事が出来ない(または、聞いていない)」のだと、私は以前から思っていました。

ですので話を理解していない様であれば、内容の意味を砕いてゆっくり説明し直したり、なるべく簡単に分かりやすく濁さずに話すようにしていました。

妻もアスペルガー症候群を知ってから、一緒に何冊も解説書を読んだりもしました。本人もようやく自分に対しての違和感の謎が解けた様で、とてもホッとした様子でした。

 人付き合いが苦手なのはアスペルガー症候群のせいでした

【アスペルガー症候群でのデメリットは?】

あくまでも「妻の場合は、」と言う話し方になりますが「相手の気持ちを察して言動する」と言うのが苦手からか、幼少期から高校生までイジメを受けていたそうですし、空気が読めないからか社会人になってからも職場で上手く溶け込めず転職を何度か繰り返していた様です。

どの様な特徴があるのか思い当たる事を紹介しますと

  • 「話の流れで大体わかるしょ?」とかは通じないです。

  • 「本音と建前」とか絶対に通じないです。

  • 「最近、仕事どう?」とかぼんやりした質問は通じません(どう?って何?)

  • 「当たり前」や「常識」と言う言葉は通用しません。(常識って何?)

  • 気持ちや言いたい事はハッキリ言わないと伝わらないので、「以心伝心」なんて無理です

  • 「言わなくても分かるだろう」とか「気持ちを察して」なんて本当に無理です

人の目とかも気にせず自分の好きな事をしますので「我が道をゆく」と言えば聞こえは良いですが、「何が良くて、何が悪いのか」が判断出来ないので「自分基準」で判断するしかない結果なんだと思います。

【アスペルガー症候群の妻への対応の仕方】

妻に対しての接し方では「確実にそれは間違っている」と思う事は、一つ一つハッキリと「そう言う事をしたらいけないよ」と説明しています。

注意する際は、なぜそれがダメなのかをキチンと説明する必要があります。例えば「女の子なんだから、そう言う事しちゃいけない」と言う言い方は通じません。

「そんなの常識でしょ」って言っても「常識ってなに?」って言い返されます。

例えば、もの凄くガニ股で歩いていたとしたら「せっかくお洒落して可愛くなったのに、ガニ股だったら恰好悪いでしょ?その歩き方やめよう」といった感じで言います。(妻は付き合い当初、階段降りる時めっちゃガニ股でした 笑)

妻が「あぁ、なるほど、確かにそうだなぁ」と理解して納得して「自分もそれは嫌だから直したい」とか気を付けたいとか(自発的に)思わせないと問題点は改善されません。

忘れていたら、意識して直すまで何度も何度も言います。本人も「あっ、そうだった」と自覚してなおす努力をするから可愛げがあります。

付き合い当初は、妻はイライラすると物に当たったり、洗濯物を床に叩き付けたりする事もしばしばでしたが、付き合っていく中で大分丸くなりましたよ。むしろ、私の性格に似て「のんびりで温厚な性格」になり、これが本来の彼女だったんだなぁなんて思います。

注意や指摘をしても聞かない事もよくありますが、「尊敬する人」の言う事はきちんと聞きますね。

私が言ってもダメなのに私の母親が言うと素直に聞いたり納得する事もあります^^;

私も説明が下手なので、上手く伝えたい時はインターネットを使って根拠のある説明を見せたり、ユーチューブで映像を見せる方法も覚えました。
スポンサーリンク



【性格は好奇心旺盛・興味津々】

アスペルガー症候群だからと言う訳ではないでしょうけど、妻の精神年齢は自他共に認める「小学3年生」なんですね。

因みに妻は、「橋」を見るのも渡るのも好きだし、風力発電の風車がとても好きです。スヌーピーと名探偵コナンも大好きです。

興味が惹かれたモノを見つけると走っていくので、手を繫いでいないとすぐにどこかに行ってしまいます。

また、分かりやすい特徴として何にでも興味・関心を持ち、影響も受けやすいですね。

私の母親がガーデニングが大好きなので実家の庭を案内されたら「私も花を育てたい」と言い始め、私の父親がマラソン好きなので市民大会の応援に行けば「私も走りたい」との事でマラソンを始めました。付き合う方は大変です。

私の好きな「家計管理」や「神社巡り」も好きになってくれたのは良かったですけどね。

そんな妻ですが、学力は私よりずっと高く、大学では英語の教員免許の教育課程を修了していますし、英検・漢字検定・簿記などの資格も持っているんですよ。

ですので、高校留年をギリギリ逃れて進学したあげくに大学を2年で中退した私は、勉強に関しては全く妻に頭があがりません。。。。

妻は田舎育ちで「さすが長女」と言わんばかりに、苦労してきただけあって逞しく頼しい一面もあります。お金の大切さも知ってるし、些細な事でも幸せを感じる事が出来ます。何よりプラス思考なので、どんなに苦しい時でも支え合って笑いながら生活が出来ると思えます。

【今後について】

妻は幼少期、学生時代含めて、法事やキャンプ、海水浴、旅行とかいわゆる「一般家庭で育つ子どもが体験するあらゆる機会」を全く経験せずに育っています。(子どもの貧困問題)

ひとり親家庭での経済面の苦労、アスペルガー症候群(仮)によるコミュニケーションが上手くいかない為に学校や職場でいじめにあったり、多額の奨学金の問題など色んな苦労を体験しながら生きてきました。

私は妻の「良き理解者」になりたいので、妻の立場になって「目線と歩幅を合わせて」接する様にしていますし、可能な限り妻の「やりたい事」をやらせてあげたいと思っています。法事からBBQ、海水浴、登山や温泉旅行、工場見学などあらゆる体験をさせてあげたいと思って沢山出掛けています。

私の両親も親戚も皆優しく親切な人ばかりですし、妻も今は人生で一番幸せだと言ってくれています。それが何より嬉しくもあり切なく感じる事です。妻の両親は他界していて、妻には妹が二人いるのですが、心配は絶えません。

【さいごに】

最後に、アスペルガー症候群の良い所を一つ。

裏表のない「無垢な笑顔」が出来る所です!!

はじめて会った時、笑顔が可愛い!って言うのがとても印象的でした。

無垢な笑顔なんて「赤ちゃん」しか出来ないですよね(笑

今回は妻の話を紹介させていただきましたが、多額の奨学金での問題や、低収入家庭の貧困問題障害による苦労など私達夫婦も現在抱えている問題はいくつもあります。

今後も二人三脚、支え合いながら仲良く頑張っていきたいと思います。

今後とも応援宜しくお願いいたします。

同じ様にアスペルガー症候群で悩んでいる方、ご家族、多くいらっしゃるかと思います。

まずこちら側が相手の目線に立ち、心境などを察してあげて、優しく接していけば上手くやっていけると思います。

お互い頑張りましょう!

トップページ&自己紹介

最新ブログ記事ページへ

にほんブログ村 にほんブログ村へ
金融・投資ランキング
にほんブログ村

  • ↑↑ブログランキングに参加しています。
  • 記事読んだで応援ポチ宜しくお願い致します^^)

他の記事も是非ご覧下さい↓↓↓

【おススメ記事】

愛情表現の記事:夫の愛情表現が足りないと起こり得る悲劇とは?【主婦の家出】

貯金の記事:【すぐ始めれる目的別貯金と積立の方法】

ローンの記事:【一生「ローン返済の為」に働いて下さい】

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。