贈り物に「つげ櫛」のススメ【愛情表現】

Pocket

【贈り物としての「つげ櫛」】

私は結婚をした時に、妻に「つげ櫛」を贈りました。

櫛の贈り物は、語呂合わせから「苦」「死」を連想して縁起が悪いと思われるかもしれませんが、「苦しい事も辛い事も、死ぬまで一緒に寄り添う」と言う意味合いもあり結婚する際の贈り物として縁起の良いものなんです。

結婚願望が強かった私は、ずーっと以前から「いつか結婚をしたらお嫁さんに贈りたい」と思っていた物がいくつかあり、「つげ櫛」はその内の1つでした。

【つげ櫛とはどんな物?】

「つげ櫛」の材料である「ツゲ」は、常緑樹で木目が細かく緻密で丈夫、尚且つ加工しやすい事から伝統工芸の材料として古くから親しまれてきました。椿油を染み込ませた「つげ櫛」を使い続けると、髪の毛が艶やかにうるおってくるのが最大の特徴で、古くから女性に愛されてきたんです。静電気が起きず、滑らかな肌触り、天然素材だからこそどなたにでも使用できる品物となっています。

現代においても服装の趣味や性格など関係なく、どなたにでも喜ばれる一点ですので贈り物としてとてもお勧めします。

【京都のつげ櫛専門店】

私は新婚旅行で京都に行きました。

「京  つげ櫛専門店」と言えば、老舗の「十三や」さんです。ここで「つげ櫛」を購入する事が目的の一つでした。

櫛専門店では名前に「13」と付く事が多い様で、「苦」と「死」では縁起が悪いので9+4で「13」と言うことからよく使われる様です。

私が選んだのは、京都市四条通り寺町東入にある「十三や」さんです。

参照:京 つげ櫛 十三や – きょうとウェルカム

スポンサーリンク




【つげ櫛の手入れ方法】

先述した通り定期的に椿油を染み込ませる事で、髪に艶やうるおいをもたらすなどの「つげ櫛効果」ですが、手入れをしないで放置すると櫛の間にホコリや汚れが堆積してしまいますし、つげ櫛効果も徐々に無くなってきます。

ですのでここで、簡単にお手入れの方法をご説明します。

お手入れ周期:月に1回程度

用意する物:椿油、歯ブラシ(やわらかタイプ)、皿、キッチンペーパー、サランラップ

①つげ櫛の全体に椿油を塗る

歯ブラシを使って、椿油を櫛の間にもきちんと塗ります。

②少し放置してから歯ブラシで汚れを落とす

大体10分~20分放置して、汚れが浮いてきたら歯ブラシで優しくこすります。

特に櫛の間は汚れていますので、ホコリや汚れを掻き出す様にしましょう。

③キッチンペーパーでふき取り、椿油を一晩浸透させる

汚れを拭き取ったあと、つげ櫛をサランラップに乗せて椿油を再度全体に塗ります。

サランラップで全体を包んで一晩浸け置きします。

④完成

最後は、キッチンペーパーで拭き上げて表面が乾くまで3時間ほど放置すれば使用可能です。

これで、汚れたつげ櫛も完全復活です。

つげ櫛が好きになると、これらのメンテナンスも面倒と思わず楽しめる様になりますよ。

お手入れ方法のポイント(おさらい)

  • 手入れの周期は「月1回」が目安
  • 椿油は多種あるがどこのメーカーでもOK
  • 歯ブラシは「やわらかい 極細タイプ」がおススメ

注意事項
※水やお湯で洗うのは絶対ダメ(光沢が無くなり、櫛の反りや歪みの原因になる)
※オリーブオイルでも良いが、使い続けるとオリーブオイルの緑色にうっすらと染まることがある
※時間が無い場合は、少量の椿油をティッシュなどを使って拭くだけでもOK

スポンサーリンク



【さいごに】

前回記事では、結婚時に「包丁」を贈ったと言う内容でしたけれども「つげ櫛」同様に「一生物として大事に使って貰いたい」と言う気持ちがありイイ物を選定しました。

私はプロポーズをしていないので、「つげ櫛」や「包丁」を贈る事で「一生を共にする」と言う意味合いで意思表示をしました。

関連記事:結婚祝いに「包丁」を贈りました【夫婦円満の秘訣】

しかし何だかんだで私は、妻を想って選んだ物ならば例え縁起の悪いと言われる物でも、それが必要だと思う物ならば気にせずプレゼントするかもしれません。大事なのは「相手を想って選ぶ事」なんじゃないでしょうか。特に夫婦間で贈る場合は縁起の良し悪しは気にしなくても良いと思いますよ。「必需品として購入した」と言う事にすればいいのですから。

これからご結婚される方は是非、お嫁さんを想って結婚祝いに「つげ櫛」を贈るととても喜ばれると思いますよ^^

 椿油

ご一緒に椿油もどうぞ。

夫婦円満の秘訣は「感謝の気持ちを忘れない」です。

今回はこの辺で、ではでは。
今後とも応援宜しくお願い致します。

【おすすめ記事】

にほんブログ村 にほんブログ村へ
金融・投資ランキング
にほんブログ村

  • ↑↑ブログランキングに参加しています。
  • 記事読んだで応援ポチ宜しくお願い致します^^)

トップページ&自己紹介

最新ブログ記事ページへ

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。